いつも、当サイトに、コメントを頂き、ありがとうございます。
しかしながら、Seesaaブログのコメントの仕様には、正直困っています…。

■何故、私が、
「コメントは、承認後公開制ですので、非公開希望の記載があれば、公開しませんので、
内緒コメントも可能です。」と書いておきながら、
※但し、
「非公開コメントは読んだ後、削除します。」
という、取扱いにしているか、下記の画像をご覧頂ければ、ご理解頂けると思います…。


1、まず、テストコメントをしてみました。
Seesaaブログ



2、管理画面で「承認」「削除」「保留」の中から「保留」を選び、
  「実行」をクリックしました。
Seesaaブログ



3、処理を待っていると、「コメントの承認を完了しました。」…え!( ̄▽ ̄;)!!
  しかも、コメント横には、「承認」の文字が…。
Seesaaブログ

  実際には「公開されていない=保留状態」になっているわけですが、心臓に悪いです^^;



4、次に「公開しても良い」の、テストコメントをしてみます。
Seesaaブログ



5、管理画面に入って、またびっくり!先程「保留」にした筈なのに「承認」がデフォルトなので、
  「保留」にしている間は「未承認コメント」として「貯まっていく方式」なのです。

Seesaaブログ



6、「保留」の扱いがわかったので、「削除」で「実行」をクリック
  …また、「コメントの承認を完了しました。」…( ̄□ ̄)ナニ…?!
Seesaaブログ

 ↑コメント一覧から消えているので、「削除」はできているのですが、
何故、「承認を完了」というメッセージなのか…。。ぅぅ。。




■Seesaaブログのコメントの仕様は
保留にしている間は「未承認コメント」として貯まっていく。

■別の「公開OKのコメント」を承認しようとした際に、
先程「保留」にした筈の「非公開コメント」が、
事もあろうに、「承認」を実行させる設定に戻っている…!!

■「新しいコメントの承認」に気をとられ、
「非公開コメント」を「保留」に「再設定」せず、
そのまま「実行」をクリックしてしまうと、「このコメントは非公開でお願いします」と
依頼されたコメントが、公開されてしまう〜!!

■つまり、コメントの承認をする度に
「保留」にした筈のコメントを、毎回「保留」に再設定しないと、いけないのです。
せめて一度「保留」で実行を押したものは「保留」のステータスに留まっていてくれれば
特に問題はない
と思うのですが、自動的に「承認」のステータスになるので、「保留」にする
のを毎回、絶対に忘れないようにしないといけません^^;

■先程の、2件のテストコメント程度なら可能でしょうが、
何十件とコメントを頂き、そのうち何件か非公開コメントの依頼を受けた場合、
何か月も前のコメントを、毎回「保留」に再設定する自信が私にはありません。

■これは、面倒だからイヤ!という問題以前に、
間違って、公開してしまった場合に、読者さまとの信頼関係が壊れてしまうのが怖いのです。


…以上の理由から、
● 非公開コメントはOK。
● 但し、ありがたく読ませて頂いた後、削除させて頂きます。
という扱いで統一する事にしました。

■これは、特定の方から頂いたコメントだから削除したという意味ではなく、
非公開を依頼されたコメント全てが対象です。

■大切な読者さまとの信頼関係を壊したくないという目的である為、ご了承下さい。

■尚、2013/03/12までに、非公開コメントをされた方には、個別に事情を説明し、
削除させて頂いてきましたが、本記事公開以降は、個別に上記の説明はせずに、
ありがたく読ませて頂いた後、削除させて頂きます。

■繰り返しになりますが、非公開コメントはOKですので、ご遠慮なく。



■納得できない方は、Seesaa様のサポートに連絡して下さい^^;
いや、実は、私も問い合わせたのですけどね…(笑)
「保留」は、何か月経っても、公開される事はないそうです。
それは、そうでしょう。。
但し、
毎回「承認待ちに戻る」ので、「保留」に「再設定」し続ける限りですけどね…ムリ!笑


■このブログはまだ数十件のコメントですが、
私のYahooブログには、
5万8千件のコメントがあるんですよ。


その中に、内緒コメントも数えきれない程ありましたし、現在は「承認後公開」という、
Seesaaブログと同じ形式になっていますが、Yahooは、自分で「非公開」にチェックを入れるだけで
管理人は承認するかどうか(しかも1回だけ)で済みます。

■Seesaaブログのコメントの仕様が、YahooやFC2ブログのような形式に移行すれば、
せっかく頂いたコメントを削除しなくて済むのですけどね。
申し訳ありませんが、それまでは、どうぞ、ご理解下さいませ。