起きている時、寝ている時のドライマウス対策


ドライマウスの人は、唾液が少しでも多く出るように、
食べる時に噛む回数を増やしたり、口の中で舌を動かしたりして
唾液腺を刺激する必要があります。

口笛も効果があるようです。

でもそれらは、起きている時間帯は出来ますが、寝ている時はできません。
その為、
濡れマスクや、加湿器などをおすすめしてきました。

就寝前に、お口の中を潤すタイプの洗口液を使ってうがいをした後、
ジェル状の保湿剤を口の中に塗っておくと、少し不快感が和らぎます。

※潤いを与える洗口液で、のどまで使えるタイプは殆どありませんので、
私は「 ウエルテック コンクール マウスリンス 」を何年も愛用しています。

その後に、プラスして、マウスジェルを使っています。
この2つのケアで、かなり楽になると思います。
※但し、リップや加湿器は必須だと思って下さい。


いつものケアにプラスした物


私が紹介しているドライマウス用の洗口液などは、歯科でも販売されている物です。

私はたまたま、歯石チェックの時などに「コンクール」をすすめられました。
その歯科は、歯の手術後なども、とにかく「コンクール」を推してきます。

私はドライマウスでない時から、コンクールでうがいやブラッシングを
してきました。

ドライマウスになってから、いつものケアにプラスする時、
味に親しみがあったので、コンクールの洗口液やマウスジェルなどを
違和感なく使えています。

爽快な味なので、すぐに慣れると思いますが
最初は、うがいしたくなるかもしれません。
でも、せっかく潤いの洗口液やジェルを付けたわけですから、
うがいで洗い流してはいけません。

万一、飲み物などをお飲みになった場合は、
もう一度、洗口液とジェルのケアをなさって下さい。


寝る時のドライマウス対策


1. 発泡剤無配合の歯磨き粉で、歯を磨きます。
2. 潤い効果のある洗口液(ノドまで使用できるもの)で、うがいします。

3. 潤い効果のあるマウスジェルを、適量清潔な指(めん棒)に取り、舌にのせます。
  舌を使って、ジェルを、頬の内側や歯茎の裏表など、お口全体に行き渡らせ
  吐き出します。 → この後、うがいで流してはダメです。 

4. 高保湿リップ、もしくはワセリンを唇に塗ります。

5. 加湿器を「のど」にセット(症状に応じ、「強」設定でもOKです)
6. マスク・もしくは、濡れマスクをして就寝

※1.~6.の詳細は、下記の関連記事から確認して下さい。


■ 最新!「コンクール マウスジェル」最安値情報


私が使っているマウスジェルです。使用方法は↑の、3. の通りです。
→ ウエルテック コンクール マウスジェル・在庫あり

■ ポイントタウン経由で購入すれば、楽天スーパーポイントとは別途、
  ポイントタウンのポイントも1%貯まります。

■ 貯まったポイントは、100円から換金可能です。
 (換金先多数)

ポイントタウン経由でお買い物をする方法


1.ポイントタウンにログイン
      …まだ会員でない方は、一番下のバナーから先に登録して下さい。

2.ポイントタウンにログインした状態で、
 「 楽天市場 」をクリックして、サイトへいくをクリック

3.楽天トップページが開きます。

4.「 ウエルテック コンクール マウスジェル 」で検索

5.購入後(お支払いした後)
 他の店でもお買い物をしたい場合は、再度、2のバナーをクリックして下さい。 


ポイントタウンへご登録される方は…


※ネットショッピングユーザーの方は、特にオススメです。
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

こちらから登録できます。

参考記事