Amazonの定期おトク便って何?


Amazonの定期おトク便とは、
Amazonで毎月決まった物を、お買い物をする方が
予め、1か月毎、などの指定をしておく事で、毎月商品が自動的に配送される
仕組みの事です。

Amazonの定期おトク便は、10%引きで購入する事ができます。
但し、
全ての商品に、「定期おトク便」があるわけではありません。

※ 定期おトク便の設定がある場合は、商品ページにも掲載されています。


→ いま人気の定期おトク便一覧


Amazonプライム会員限定特典:おまとめ割引で15%割引に


Amazonには「おまとめ割引」という、Amazonプライム会員限定の
超お得な、15%割引サービスがあります。


詳しくは、
Amazon定期おトク便のおまとめ割引を利用して15%オフにする方法
をお読み下さい。

※Amazonプライム特典で、本人含む3名まで、通常配送の日時指定などはできますが、
おまとめ割引は、
「Amazonプライム会員の限定特典」ですので、本人のみ利用できます。

プライム会員はとにかくお得なので、一度無料お試ししてみて下さい!
→ Amazonプライム会員・30日間の無料体験を試す


Amazonの定期おトク便に、Amazonギフト券は使えるか?


Amazon定期おトク便


  • 5515円の化粧水が10%オフで、4963円に。
  • 毎月送って貰う事もできますが、定期おトク便は、時間指定ができない為、
    毎月ではなく、5か月毎にしました。
            ↑
    (私のような人は珍しく、普通は1か月か、2、3か月毎だと思います)

  • 全額、Amazonギフト券で支払いました。

予め、Amazonギフト券を登録しておけば、ギフト券で支払う事もできます。
おトク便を申し込む時に、使用するかどうか選択します。

1回目に「使用する設定」で申し込むと、2回目以降、何もしなくても
(Amazonギフト券の残高があれば)Amazonギフト券で支払えます。



Amazonの定期おトク便の特徴


Amazonの「定期おトク便は得か、損か?」という事が気になると思います。
結論は「お得」です。

理由は、
  1. 10%引き・送料無料で購入できる
  2. 1か月毎だけでなく、6か月毎まで選べる
  3. 一回しか購入せず、解約しても、10%割引が適用される
  4. 一回しか購入せずに解約しても、ペナルティはない
  5. 再度同じ商品の定期おトク便を申し込める
からです。


Amazon定期おトク便の意外な特典!


1.の、「送料無料・10%引きで買える」などは、想定内だと思います。

2.は、「定期便」は、毎月(長くても2,3か月に一度は)発送されるのが普通ですが、
Amazonの場合、最大で6か月に1度も選択できます → 後で変更可能

3.は、1回目を定期おトク便で購入して、2回目を購入しなくても、
後でさかのぼって、割り引いた10%分の返金を言われる事もありません。

4.つまり、Amazonの定期おトク便は、ペナルティがないのです。
5.さらに「再度同じ商品の定期おトク便を申し込める」というのも最大のメリットです。

普通は、1度解約したら、2度と割引で買えないのが「定期便」ですが、Amazonは可能です。 


Amazon定期おトク便の欠点


  1. 配送時間指定ができない(プライム会員でも指定できません)
  2. 金額に変動がある場合、注文が発生した時点の価格
  3. 1回目しか自己アフィリエイトできない


一番気を付けなければいけないのは、2.の金額の変動です。

定期おトク便の商品価格は、一定ではなく、2回目の配送の時(注文番号が付いた時点)
の値段で請求があります。

その値段が、下がる分には、ありがたい話ですが、在庫次第で上がってしまう事もあります。
値上げした場合は、値上げした金額から10%引きです。

以前、コーヒーの価格が、かなり上がった事があり、その時は、定期おトク便を
解約しました。 
とても便利ですが、価格変動だけは、チェックしておいて下さい。
(発送前なら、変更やキャンセルが可能です)



定期おトク便と、自己アフィリエイトの関係


3.で書いたように、1回目しか、自己アフィリエイトの対象にはなりません。
ただ、Amazonそのものが、
ポイントサイトの自己アフィリエイトに対応していない場合が多い為、
そこまで神経質になる必要はありません。

「自己アフィリエイトより、Amazonギフト券を貯める事に集中」
した方が、方法も豊富なので、お得で早いです。

定期おトク便の設定がある商品については、もっと気軽に利用されるといいですよ。


参考記事


Amazonで自己アフィリエイトする方法より、Amazonギフト券を貯める方がお得
■保存版■Amazonギフト券に交換できるポイントサイト一覧