※プライムデーでは、Echoを購入したので、またレビューしますね!わくわく♪

Fire TV Stickが到着しました


Amazon Fire TV StickAmazon Fire TV Stick

2015年9月26日に予約していた、Fire TV Stickが、11月1日に届きました。

本当に簡単で、設定方法を書くまでもないのですが…
トラブった人だけ、一番下まで、お読み下さい^^ 

※末尾に「まとめとお得情報」を追記しました。
(新しい情報が入り次第、2018年現在も、追記していますよ)

設定や、HDMIが認識しない場合の対処法、Fire TV Stickの発熱が気になる、
スリープやホーム画面が起動しない時、フリーズからの復帰、再起動方法など、
記載しておきます。

● ちなみに、下で詳述しますが、Fire TV Stickは、多かれ少なかれ発熱しますので
同時に、「COMON(カモン)製 ヒートシンク 4個入アルミタイプ サイズ:W12mm×D21mm×H6mm シルバー
を購入してもいい位です。

Fire TV Stick専用?かと思うほど、ピッタリサイズで、399円位なので、
発熱の心配をする暇があったら、買った方が早いです(価格は2018年9月現在)


初期不良が疑われる場合は、Amazonのカスタマー様にご相談下さい。
24時間、Amazonのカスタマーサービスは対応しています。


Amazon Fire TV Stickを挿してみよう


送付されてくるものは、
  1. Amazon Fire TV Stick
  2. HDMI延長ケーブル
  3. USB電源ケーブル
  4. 電源アダプタ
  5. リモコン
  6. 単4電池
です。

※TVの電源を切ります。
※録画中とかは、設定できません。
※付属のHDMI延長ケーブルは、優秀で、長さが足りていても、繋いだ方が良いと思います。

● 最初に、1.のFire TV Stickに、3のUSB電源ケーブルと、4の電源アダプタを
装着します。

● 電源アダプタを電源に挿した後、
そのまま、1.のFire TV Stickを、TVのHDMIに挿してもいいですが、
私は、隣のHDMIと近くて挿しにくかったので、2.の延長ケーブルを繋いでHDMIに挿しました。

(延長ケーブルと言っても、数センチですので、
電源まで届かないとか、そういう事を避ける為ではなく、
私のケースのように、隣のHDMIが邪魔で挿しにくい場合の回避用だと思います)


HDMI延長ケーブルを活用した方がいいかも?


● 次に、TVの電源を入れます。
TVリモコンの「入力切替」を何度か押せば、HDMI接続を認識している筈です。

もし、HDMIに挿した後、認識しない方や、Fire TV Stickの発熱が気になる方は、
2.の延長ケーブルを繋いでから、TVに挿す事をオススメします。

● TVのリモコンで「入力切替」を押しても、
HDMIで認識しない方は、
TVのリモコンの「設定」メニューを探して下さい。
(殆どの場合「設定」はリモコン表面ではなく、中フタにあります)

以下はレグザの場合です。TV画面を見ながら…。
設定メニュー → レグザリンク → HDMI連動設定 →  
HDMI連動機器リスト → 決定ボタンで検出。

そこに「Amazon Fire TV Stick」が表示されていればOKです。
認識していない方は、青赤緑黄ボタンの「赤」で「再検出」できます。
→ ダメなら、もう一度本体そのものを、抜き差しして下さい。

● 録画中ですと、上記の事をしても認識しないと思うので、ご注意を…。


リモコンに電池をセット


● リモコンに電池をセットして下さい。

電池同梱が、Amazonクオリティ。 軽く感動しました^^

「電池のフタが開きにくい」と言う方がおられましたが、力は要りませんよ。
背面に線がありますが、そこより少し上が、フタの上部です。
背面の線というより、裏フタの境目を、普通に下へ引けば、軽々と開きます。

リモコンについては、上部の大きい○を使いこなして下さい。
○い部分の縁が、上下左右、真ん中が決定ボタンです。


言語設定とWi-Fi接続&アカウント登録


● Fire TV Stickのリモコンのどこかを適当に押して下さい。

● TV画面に、Fire TV Stickが起動します。
● 最初は言語設定
リモコンの○い縁部分の下を押して、日本語になったら、○の真ん中を押し、決定。

● Wi-Fi設定は、自動検出で、候補が出ます。
私はその中から、WPSを選択し、
無線LAN親機の(AOSS)ボタンを押して、接続しました。

● アカウント登録は、
Amazonで自分で購入した方は、何もしなくても、アカウントが登録されています。
(プレゼントされた方などは、設定が必要)


チュートリアル(アニメで使い方説明)


自動的に、使い方の説明が始まります。

自分でする事は、途中で
● 機能制限する
● 機能制限しない
のいずれかを選ぶだけです。

成人向けコンテンツの非表示・商品購入時に、PIN(暗証番号4桁)を入力するか
どうかなので、お子さんがいないなら「機能制限しない」でいいと思います。

私は、「1click購入」したくなかったので「機能制限をする」にしましたが、
購入時だけでなく、再生する時も、毎回PIN入力をしないといけないので、解除するかも。

(PINの入力は、リモコンの○の部分を使います。
TV画面に、リモコンのどの部分がどの数字に該当するか表示されます。
三本線の設定マークを押すと、表示されていない数字が表示されます。)

→ PINを解除する(機能制限のオン・オフ)方法は、
Amazon ビデオの設定 からできます。


Fire TV Stickの電源オフ方法


Fire TV Stickの操作方法は、直感的に操作できます。
より詳しく知りたい方は、
ビデオとテキストで紹介されている「Amazon Fire TV端末の操作」 をご参照下さい。

尚、Fire TV Stickの電源オフ方法は、
● 電源ケーブルを抜く ● 手動スリープの他、
● 20分間使用されないと自動的にスリープモードになりますので、
特に何もしなくても構いません。(私も、何もしていません)

※Fire TV Stickは何もしなくていいので、最後、TVの電源だけは切って下さい。


スリープやホーム画面が起動しない時


Fire TV Stickを一旦停止して、そのまま放置すると、世界の絶景などが流れます。
それ以上放置すると、TVの電源は入っているけれど、TV画面は真っ暗になりますが、
異常ではありません。 スリープ状態になっているだけです。

Fire TV Stickのホーム画面(家マーク)を押してもダメな場合は、
TVのリモコンの「入力切替」を押して下さい。


私の場合、HDMIの1は、ブルーレイで、2はFire TV Stickなので、
TVのリモコンで「入力切替」を数回推し、2のFire TV Stickを呼び、ホームボタンを押すと起動します。

Fire TV Stickは起動するけれど、ホーム画面にならない場合は、
設定 → 決定(リモコンの真ん中)を押し、
そのまま、リモコンの○い部分を左方向に押すと、ホームやアプリ画面に行きますので、
そこから、ご希望のメニューに移動して下さい。

Fire TV Stickの本体の発熱が気になる場合の対策


付属のHDMI延長ケーブルを繋げて下さい。

それでも解決しない場合、僅か数百円なので、ヒートシンクを購入して
Fire TV Stickに貼って下さい。


恐らく、Fire TV Stickの発熱が気になる方の殆どが、
COMON(カモン)製 ヒートシンク 4個入アルミタイプ サイズ:W12mm×D21mm×H6mm シルバー
COMON(カモン)製 ヒートシンク 4個入アルミタイプ サイズ:W12mm×D21mm×H6mm シルバー
で対策されていると思います。

※リンク先で、実際の貼り方のレビュー画像(皆さん、Fire TV Stickの発熱対策)も
掲載されていますので、ご参照下さい。

貼り方と言うか、4個入りなので、単に、両面テープで、貼っていくだけなのですが、
まぁ画像で見たら、一目瞭然ですので、リンク先をチェックしてみて下さい。

時期にもよりますが、400円前後と、悩む値段でもないので、
お試し下さい。

フリーズした時と、再起動したい時


これは、カスタマーデビューに載っていた情報です。

早送りや、巻き戻しを繰り返していると、
見たい番組のセットはできるのに、再生ボタンを押しても、フリーズして
再生できなくなる事があったようです。

その場合は、Fire TV Stickの電源アダプタを一度抜いて、挿して下さい。

もろもろの不具合を直すには、再起動が効果的です。
再起動する方法は、以下の通りです。
リモコンの「再生」と「選択」ボタンの同時長押し。
長押しするとテレビ画面が再起動し、一からメニューが再構築されました
参考:http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=23338


※私は、購入から2年8カ月で、再起動の操作をしたのは3回位です。
ほんと、「リモコンの再生と、選択ボタンの同時長押しだけで、すぐになおりました。
※我が家は、Amazonビデオだけじゃなく、U-nextもFODプレミアムも視聴しているヘビーユーザーです。


Amazonギフト券を沢山貯めて得する方法


ポイントを、Amazonギフト券に交換できるサイトは沢山ありますが、
中でもオススメは、ちょびリッチポイントタウンです。

※ちょびリッチは、無料で貯まるポイント数が他のサイトより一桁多く、別格です

● 無料ゲームが豊富で、スロットゲームだけで毎月3000円貯まります。
→ スマホとPCのスロットゲームだけで毎月3000円稼ぐ方法

● 貯めたポイントは、Amazonギフト券と、リアルタイム交換できます。


■ ちょびリッチ → ちょびリッチの説明記事

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
 ↑
無料登録はこちらから → 入会したら、すぐに「特選サイトバナー」をクリックで1Pゲットして下さい。
これだけで、入会特典の500Pが翌月に付与されます。
 ↓
入会特典500Pを確実にゲットする方法も併せてお読み下さい。


ポイントタウンは、提携先多数! ネットショッピングするなら登録必須!

● ポイントタウンは、Amazonギフト券との交換レートが業界No.1!
● 100円から交換できるので、登録初日に即、換金できます!


■ ポイントタウン → ポイントタウンの説明

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

こちらから登録できます。 → 図解:ポイントタウンの登録方法


● もっと貯めたい方は、
■保存版■Amazonギフト券に交換できるポイントサイト一覧 」を参照下さい。


Fire TV Stickの設定まとめ


● Fire TV Stickの設定はとにかく簡単で、誰でもできます。

● 挿す時の注意点はただ一つ、
録画中など、TVが動作している時は避けて下さい。

録画中に挿してしまうと、
HDMIが認識しなかったり、設定できているかどうか確認できないからです。

● スリープからの復帰は、TVリモコンの入力切替、設定から左方向へ移動で解決。
(とりあえず、TVリモコンの「入力切替」は、頻繁に使いますので、超重要です)

● 殆どのエラーは、HDMI延長ケーブルを使うか、電源アダプターの抜き差しで解決。

● その他、再起動でも解決しない場合は、初期不良で交換になるようです。

Amazonプライム会員は、プライムビデオ無料で見放題です。

Fire TV Stick (New モデル)出ました。お値段、据え置きで、良かったですね♪
※下記は常に定価表示ですが、セール時はセール価格で購入できます。



関連記事



参考記事