年賀状はカクノで書くの!


年賀状の受付が始まりました!
嵐が「年賀状ください」と言うので、とっくに書き上げました♪

いつもの年は遅いのですが
今年は風水に力を入れてきたので
「なんでも早め!」を心掛けていました。

11月の引越しで、転送届を郵便局に提出に行ったら
年賀状が売っていたので、そもそも年賀状を購入したのが
とても早かったおかげですけどね^^


パイロット製の万年筆、カクノが素晴らしい


私は、普段の筆記用具は、
カクノという、パイロットの万年筆を使っています。

大ヒット商品なので、ご存知の方も多いと思います。

  • とにかく、値段が安い!
  • グリップが滑らないので、書きやすい。
  • 何より、筆圧が要らないので、疲れません。


文字を書かなくなって久しいわけですが、
だからこそ、イザという時、まともな文字を書きたいのですよね…。

もっと早く、万年筆の存在に気付いていれば…。


手書きの方が、アイデアが浮かびます。


ネタ帳などは、手書きが多いです。
何故か、手書きの方が、アイデアが浮かぶのです。

ネタ帳は、ほぼサインペンです。ボールペンなら、ドクターグリップ。

滑ったり、筆圧が必要なタイプは、疲れる上、字が汚くなってしまいます。
ネタ帳はブログを書く上でとても重要なので、
書き心地にはこだわっています。

ネタ帳は、複数持っているのですが、メインは、ルーズリーフです。
イマドキ、蛍光ペンを使ったり、
他のノートのを、切って貼ったり…

ネタだけは尽きない自信があります!
(早く記事に起こせよというツッコミはなしで)


万年筆「カクノ・中字」の魅力


今まで、年賀状など、改まった文字を書くときは、
筆ペンの細字を使っていました。

でもカクノが余りに書きやすいので、これならいけるかも?と思い、
カクノで書いてみたら、バッチリ!
書き慣れない筆ペンより、普段の実力が発揮できました(笑)

ポイントは、カクノの太さで「中字タイプ」を選ぶ事ですね。

中字ですと、ボールペンでは絶対出せない、
万年筆独特の太さのコントロールが上手くいきます。


細字は、ネタ帳に使うには、ピッタリですが、
「字を少しでも綺麗にみせたい」時は、中字をオススメします。


コスパ最強万年筆・カクノがおすすめ


綺麗な文字が書けると、ちょっと自分を好きになれたりします^^