noteの時代


noteの時代…どうなるのかな。
私は、何でもかんでも「全て無料で公開して」とか考えている人は
ダメだと思うのです。

それでは、長く続くわけがないですし、
著名な方も、情報発信してくれなくなると思うのです。

だから、アドセンスも、アフィリエイトも、有料サロンも有料メルマガもいいと
思いますし、マネタイズ方法を考える事はとても重要だと思います。

でも、今年に入って、noteで有料記事をアップする事に力を入れだした
イケハヤさんが、ブログを書かないとか言い出したので、結構驚きました。

(以前私が「 文章を書く事がコンプレックスになるなんて…。 」で、
武器としての書く技術 」の感想を書いた方です。)


実社会での知名度はないと思います。


イケハヤさんは、ブログを書いている人には、それなりに知名度がある方です。

でも、実社会での知名度はないと思います…。
なんと!!イケダハヤト師のブログを読んだことある大学生は、30人に1人もいないのである。イケダハヤト師といえば数々の炎上芸でネットでは相当に有名。Yahoo!とかBLOGOSとか、NewsPicksにもよく登場してるし、グノシーでも配信されてくる。ネットサーフしていればどこかで必ず引っかかってくるよね。
参考:http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=13955


というか、それ以前に、ちきりんさんですら、知られていない^^;
ちきりんさんの破壊力はTwitterで物凄く、ブログURLをツイートしたいただくと瞬時にanalyticsのリアルタイムで500人とかのアクセスがある。日本有数のインフルエンサーなのであるが、同様に誰も知らない。
参考:http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=13955


高城剛さんは沢尻エリカと結婚するまで無名だった?!


高城さんは、ネット上では有名な方だったと、ホリエモンの本か何かで読みましたが、
(メルマガだったかも…もう昔すぎて忘れました)
私も、沢尻エリカさんと結婚された時は「誰?」という感じでした。。

この記事を読んで下さっている方だって、ひろゆき(2ちゃんねる作った方)さん
すら、知りませんよね?

ホリエモンや津田さん、勝間さんを知っているのは、
テレビ出演の機会が多いからだと思います。

猪子さんを初めて朝生で観た時は、頼りない話し方で、ずっこけてしまいましたが
「嵐にしやがれ」に出演された時は、普通に大人になってました^^

猪子さんは、今ではNHK大河「花燃ゆ」のタイトルバックの映像作るほど、
実力のある方なんですよ。


イケハヤさんの知名度はもうあがらないかも…


イケハヤさんが、
「はあちゅうさん(知らない方、スルーでいいです、オタクですみません^^;)
は、月商300万だけど、堀江さんとは一桁違うし」
みたいな事を仰っていました。

人間、上を見る事は大事ですし、頑張れば、自分も堀江さん位になれると
考えるのは自由です。

いや、もしかしたら、イケハヤさんなら、ホリエモン位、稼げるかもしれません。
でも、知名度は勝てないでしょう。


要は、TVに沢山出演すれば、知名度はあがるわけですが、
ブログを書くのをやめたら「ネット上の知名度」もあがらないですよね…。


どんなに魅力的な人でも、飽きます。


有料記事は、FANの人が読みます。
でもファンは永遠ではなく、飽きます。
どんなに魅力的な人でも、その人の話がいつも同じだったら、飽きてきます。
 ↑
これは残酷なまでに真実です。

だから、書き手は自分自身をアップデートしないといけないわけですが、
それでも、予想以上の勢いで、飽きられる時があります。


その時、どんどん、新しいファンを生むのが、ブログだと思うのですが、
イケハヤさん、完全に有料記事に移行するの、早すぎでは…と感じました。

ホリエモンほどのファンを作ってからでも良かったのでは…。

私も永江さんのnote、フォローしましたけど、今後、全てのコンテンツが
有料化に向かうかも…と思うと、ますますキャズムが広がりそうで恐ろしいですね。


その時「ブログに広告載せるアフィカス!」とか言っていた人たちは
無償に拘ってきた事を後悔するのかな。。


ホリエモンはGive.Give.Giveって言っていた


堀江貴文本音で生きる

ゼロ 」の方が、ずっしり心に響きますが、この本もモチベーションアップに
効きます。
ちょっと感動したのが「大事なのは、Give.Give.Give」と書いてあった箇所。
最初に「Give.Give.Give」の気持ちがあるから、
自然に、人も情報も集まってくる…というのを心に刻んでおきたいですね。

実際、ホリエモンチャンネルとかも有益ですしね。
私は、近大スピーチ、何度も、聴いています^^(YouTubeで観られます)