USBハブでHDDを追加できるのが魅力で購入したレグザ


レグザ(REGZA)37Z1を購入したのは、2010年8月です。
地デジ対応で、液晶テレビを探しまくったのが懐かしいですね(笑)

レグザのZ1シリーズまで待ったのは、
  • 2番組同時録画しながら、テレビが視聴できる
  • 外付けハードディスクに録画でき、USBハブを使えば、常時4台(登録は8台)まで
      接続できる
というのが、決め手でした。

画質は、実際、家電量販店に足を運んで、一番綺麗だと思ったので…。

有り難い事に、レグザを購入した時、
バッファロー(BUFFALO)のUSBハードディスク(外付けHDD)がオマケで付いてきました。
容量は、1TBでした(当時は多い!と思いましたが、すぐ満杯になりました^^;) 


レグザの、純正モデルは、USBハブもHDDも廃盤…


永久保存版にしたいものは、レグザリンクで繋いでいるブルーレイレコーダーから
ブレーレイに焼いて、残していますが、
普段は、外付けHDDに保存して、視聴したら削除、という感じです。

さすがに6年経って、TVに繋いでいるハードディスクも寿命と言うか、満杯です。
今さらですが、
USBハブで、ハードディスクを追加しようかな、と思いました。

でも!
2010年発売のレグザの、純正モデルなんて、とっくに廃盤ですよ。
当然、USBハードディスク(外付けHDD)も、廃盤です。…



「何でもいいから、絶対繋がる、USBハブと、USBハードディスク、下さい!」


接続確認済みのUSBハブですら、廃盤だったり、モデルチェンジしています。
「ぅ、これも、ないのか…」

検索疲れ…と言うか、はっきり言って
「何でもいいから、絶対繋がる、USBハブと、USBハードディスク、下さい!」
と、叫びたい位でした。

第一、繋ぎ方も、セットアップも自信がない上、
1台目のハードディスクを間違って初期化してしまったら、
どうしようとか、不安で、ストレスこの上ない…。

とりあえず、私と同じ環境の方は、同じ物を買えば大丈夫です。
近い環境の方は、参考にして、使えそうか、調べて下さい。
何の情報もないまま、Amazonをさまようよりは、絶対、ラクだと思います。



レグザZ1に対応の、USBハブ


I-O DATA AV用電源タップ一体型 USB 3.0ハブ HD-U3HB4TP
    ↑
  • このUSBハブは、USBが4つ差せますが、何と言っても、
    USBハブの本体そのものが、電源タップなので、電源が7つ付いているのが、超便利です!

  • USB3.0ですが、私のレグザは2.0しか対応していないので、その場合、
    USB2.0として動作しますので、問題ありません。

ちなみに、電源7つには、
● レグザ37Z1(テレビ)
● ブルーレイレコーダー
● YAMAHAシアターラック(5.1ch)
● SONY ワイヤレスヘッドフォン
● Amazon Fire TV Stick
● バッファローの外付けHDD
   +
● 新しいUSBハードディスク
を、挿しています。

完璧…。 綺麗にまとまりましたっ!


レグザ対応のUSBハードディスク(外付けHDD)


I-O DATA 長時間録画対応 USB 3.0/2.0接続録画用ハードディスク 2.0TB AVHD-AUT2.0
 ↑
これが、新しい外付けHDDです。

  • 容量2TB。 レグザZ1は古い機種なので、余り欲張って、これ以上大きな容量に
    対応しているか不明です。
    少なくとも、今までの倍の容量なので、これで十分です。

  • パナソニック ブルーレイディスクレコーダー「ディーガ」に搭載されている
    ハードディスクと同等のハイグレードで、長時間録画可能!(24時間連続録画対応)

  • レグザでも、全く問題ありません(調べまくった上、実証済みです)

  • USBハードディスクの選び方で、注意が必要なのは、録画に対応しているかどうかです。
    私もポータブルHDD位の大きさのが良かったですけど、
    間違っても、PCのバックアップしかできないハードディスクを購入しないで下さいね。

  • 嬉しいのが、ファンレスの静音設計! エアフロー?で、勝手に放熱するそうです。


USBハブにUSBハードディスクを繋ぐ方法:詳細


  1. 録画予約などをしていない時間帯に、全ての電源を抜きます。

  2. USBハブと一体になった、電源タップに、今までの電源アダプターを挿します。

  3. 2台のUSBハードディスクは、1台づつ、登録しました。
    USBハードディスクが挿してあった所から抜き、代わりにUSBハブのUSBを挿します。

  4. USBハブに、古い方の、USBハードディスク(外付けHDD)のUSBを挿します。
    (HDDの電源アダプターを、電源タップに挿します)

  5. 電源タップを、コンセントに挿します。

  6. TVの電源を入れると、
    「登録されたことがあるUSBハードディスクを検出しました。再登録しますか?
    登録時に初期化されません」と自動で検出されますので、「はい」で決定を押して下さい。

  7. ※古いUSBハードディスクの登録名を変更したい場合は、
    リモコンのフタを中にある「設定メニュー」 → レグザリンク設定 → USBハードディスク設定 → 機器の登録 → 変更する機器を選択して「青」を押す → 文字入力画面で名前を付ける
    (適宜、必要な所で、決定ボタンや、▲▼を駆使して下さい)

    特に、ハードディスクに名前を付けない方は、上の作業は不要です。


    次に、新しい、USBハードディスクの登録です。

  8. USBハブに繋いで、電源タップに繋ぎます。
    自動的に、新しいUSBハードディスクが検出され「機器の登録」画面が表示されます。

  9. 登録時に自動的に初期化されますので「はい」を選んで決定を押します。
    (名前を付けない方は、登録のみです)

  10. 2台あるHDDのうち、優先的に録画されるHDDを登録します。
    今登録した、新しいハードディスクの場合「はい」を選んで決定を押します。

  11. 「機器の登録」結果の内容が画面に出ます。
    2台登録しましたから、2台のハードディスクが接続中になっていればOKです。


製品選びに比べたら、設定は、超簡単でした!


迷わないように、あえて、細かく書きましたが、
USBハブや、USBハードディスクの選び方に比べたら、
設定は、拍子抜けする程、簡単です。


ほんと、こんな事なら、早くやっておけば良かったです^^;

USBハブの情報を探しておられる方も、
外付けHDDが、壊れる・満杯になる前に、面倒がらずにやってみて下さい。

年末になると、やる事が増えますので、今のうちに、どうぞ♪
私は、お正月前に、録画容量を確保できたので、安心です(笑)

<< 要点 >>
● 録画中を避ける
● 一旦、電源を全て抜く
● ハードディスクは、1台ずつ登録する