この記事は、
マンションの最上階なのに天井や隣家との壁から水音(異音)がした原因と対策・解決まで
の文中に記載していたものを加筆したものです。

騒音にお悩みの方に、あれ以上長い記事を読ませてはいけないと思い、
(必要な情報だけの方が良いと判断)
本記事に、移動させました。

節分は何もかも忘れて神社を参拝しました。


騒音問題は、何も解決していませんでしたが、2月3日は節分♪ 
何もかも忘れて、神社に参拝しました。


騒音に限らず、何か悩んでいる方も、家の中で、余り思い詰めるとよくないので、
時には、外出した方がいいかもしれません…。

特に、神経が張りつめているような時は、自然に触れると心休まります。
近くに適当な場所がない場合は、神社がオススメですよ。
神社なら、どんなに都心でも、必ず緑に囲まれている筈ですから…。


神社では騒音の事を全く思い出しませんでした!


福豆を頂いて、福引をして…
平日だと言うのに、信じられない数の参拝客…。

福引で、前に並んでいたご夫婦が…
とても仲が良く、腕を組んで…チョット、羨ましいような雰囲気で…。
かなりのご高齢でしたが、いつまでも仲良しっていいですね!

節分の境内は、もはや初詣を抜いたのでは?という程の、驚きの賑わいでした。

神社にいる時は、騒音の事は全く思い出しませんでした。
夜は、母が、恵方巻を作ってくれるとの事で、とっても楽しい一日でした。



風水では、恵方巻より、稲荷寿司らしい。


母の恵方巻は、お寿司屋さんのより、ずっとおいしいです。。
以前、試しに、近所のお寿司屋さんで、恵方巻を頼んだ事があるのですが、
やはり、母の味の方が、おいしかったです…。

でも、結局、毎年、巻き寿司の具を並べて巻くのは、私なんですけどね(笑)
酢飯を広げるのも巻くのも、お料理教室で、伝説の秀才?だった私の特技なのです(ぇ)

ちなみに、コパさんによると、節分は恵方巻ではなく、稲荷寿司を食べると良い、
という事でした!!


ちょっと、節分に、稲荷寿司というのは、余りピンと来なくて、
我が家では、未だに、節分の日に稲荷寿司を作った事はありませんが…。

ただ当日は、神社に出掛ける前の朝食で、買ってきた稲荷寿司を食べました。
ランチは親子丼。卵と鶏肉で金運アップのラッキーフードです♪
帰宅後、恵方巻を作って、鰯と一緒に食べました^^


子どもの頃は、恵方巻なんて呼んでいませんでした


いつから「恵方巻」なんて呼ぶようになったのでしょうね…。
子どもの頃は、ただの「巻き寿司」と呼んでいました


具材の定番は、かんぴょう、だし巻き卵、しいたけ、ほうれん草(もしくは三つ葉)
高野豆腐ですかね、祖母の味です。

近頃は、「京都の料亭の味!」みたいなキャッチフレーズで、
ただの太巻きというか、生ものを入れたり、キュウリが入っていますね。

初めて見た時は「キュウリって…笑」と、失笑でしたが、
(昔は2月にキュウリなんて採れないので、入っていませんでした)
もはや商業ベースでは、バッチリ、色どり鮮やかな太巻きが、売れ筋になっていますね。

今でも、家庭で作っている場合は、普通の巻き寿司でしょうが、
最近は、作らず、買って済ます家も増えましたし、
そうなると、生ものなどの入った、豪華バージョンの方が嬉しいですよね。


京都は、実は「商売人の街」だと思う件


時代と共に、料理も変わっていって当然…という見方もできますし、
上手く、京都の商売人に、してやられているな、という見立てもできます。

「商都」と言うと、手広く商売をしている大阪が浮かびますが、
小さな和菓子屋が、何代も、何百年も続く、京都も案外、しぶといと思いませんか?


商魂たくましい所がバレていない所がまた、京都のしたたかな所ですよね。
(もしかしたら、京都の人も、その事に気付いていないかもですが、
商売上手でなかったら、あんなに何代も続くわけないですよ…。)

京都はブランド化に成功しているので、
銀行でも大学でも、リニューアルする時は、箔を付ける為に
わざわざ社名の前に「京都」って付け足すらしいです。
(確かに効果抜群…イメージアップに貢献してますよね…)


ヒイラギに鰯の頭を吊るす…見た事ありますか(笑)


節分のヒイラギと鰯の頭


少し前までは、
毎年、出世稲荷にお参りして、出世鈴付きのヒイラギの枝を買ってきて
鰯の頭をつるして、玄関に置いていました。


最近見掛けないので、地元の人以外が見たら怖いでしょうけど、
昔はそれが普通でした(笑) 

※「出世鈴付きのヒイラギ」は、節分の日だけ購入でき、
厄除けの御神楽付きでしたので、毎年、仕事を休んでまで参拝する程、
本当に節分は、特別な、味わい深い日でした…。
尚、出世稲荷さんは、大原にお引越しされたので、今は下八社の1つに参拝しています。  


神社から、帰宅したら、管理組合から留守電が…(朗報)


神社から、帰宅したら、管理組合から留守電が入っていました!

偶然だとは思いますが、節分に神社に参拝したら、
朗報というか、状況が明らかに好転しました…。
詳しくは「 騒音の記事 」をお読み下さい。

食事後、豆をまきました。
豆まきは、年男・年女が撒きますが、いない場合は、子どもが撒きます。 
で、結局、ほぼ毎年、私が撒きます(笑)


(友達には内緒にしているのですが…(ネットで全公開はブロガーのサガですね)
実は、豆撒きをした後、家族から頭を撫でて貰い、ご祝儀を貰います。 
まさかこの年で頭を撫でて貰うとは(* ̄m ̄))

で、思わず、隣の家に向かって、鬼は外!って、豆を投げてしまいました。
ぁ、ベランダと玄関なので、隣の家には入れてませんよ^^;


日本の行事を取り入れて、気分転換しよう


節分の神社参拝と、豆撒き効果か?
単なる偶然とは思いますが…、
諸々、好転し、翌日、騒音問題は、無事解決しました。

たまたまタイミング的に、神様に助けて頂いた…!
と思いましたが、騒音問題だけでなく、
精神的に辛い時、私は神社に行くと、心が休まります。

勿論、辛くない時も、癒されますが…。

皆さんも色々悩みは尽きないと思いますが、
日本には、毎月、沢山の行事があります。

きちんとやってみると、伝統行事って楽しいですよ^^
どうか、季節の行事を取り入れて、
春夏秋冬を味わい、気分転換なさって下さいね。


思い詰めても、状況の変化の速度に変わりはありませんもの…。


● 私が参考にしている、日本の行事が載っている本です。
月別、欲しい運気別に詳しく…。絵や図入りで、楽しく読めます。
   ↓