確定申告書等作成コーナーからの進み方


来年も同じかどうかは保証しませんが、今年の分。
確定申告書等作成コーナー

確定申告・申告書を作成へ


● 「過去の年分のデータを利用して作成する方」
(去年データがある方はコチラ。去年の申告書の.dateです)

● 途中、中断する場合は、拡張子「.date」で「名前をつけて保存」をすれば
「途中で保存したデータを読み込んで再開」から作成できます。

● 上の青い所は、確定申告のデータ「.date」がない方や、初めての方。


e-Taxとマイナンバーカードについて


私は申告途中で、プリンターが壊れるというハプニングがあった為、
(それがなかったら、2月に提出できたのに!)
もう来年は絶対、e-Taxにしたいです…。

今頃、マイナンバーカードの発行♪とか言っても、一か月位かかるので、
マイナンバーカードを持っていないと、今年のe-Taxには間に合いません。。


マイナンバーカードは、顔写真入りで、その写真10年使うらしいので、
今後に備えて作ろうと思っている方は、ちゃんと撮影した方がいいですよ♪ 

私も普段、提出書類なんかは全てスマホで撮影して送りますけど、
この写真だけは、スマホでは撮らないと思います。


ブラウザはChromeもOKになってました


確定申告・使用ブラウザ


● 書面提出 → ● 使用中のPCの環境確認
去年まで、Chrome使えなくて困ったのですが、今年はChromeもOKです。
私、全部、終わってから、気付きました…^^;
(先日書いた記事…国税はIE11しか使えない、は訂正しておきました…)


青色申告決算書・収支内訳書作成コーナーへすすむ


確定申告・決算書収支内訳書作成


ここで、間違って、いきなり「所得税コーナー」に進んではいけません。
青色申告・白色申告共に「青色申告決算書・収支内訳書作成コーナー」へ進み、
まずは、売上と経費関係を埋めます。

「売上-経費」の「所得」が決まって初めて、医療費控除がいくらになるのかとかも
わかるわけですからね…。

減価償却でつまづいたら、この記事を読んで下さい。


あと少し!所得税の確定申告書を作成しましょう


確定申告・申告書を作成へ


引き続き、所得税の確定申告書を作成しましょう♪
(先述したように、いきなり「所得税コーナー」に進んでしまった方は、
その所得が申告書に反映しないので、やり方につまづいたら、即電話がオススメです)

0570-01-5901です。こちらが繋がらない時は03-5638-5171です(但し通常通話料金)
※ちなみに、上記の電話番号は、来年は変わるかもしれません。

意外と電話、すぐ繋がります。
ここの人員は、どこの会社が請け負っているんでしょうねぇ。。
優秀なんですよ…。
来年は電話したくないけど、e-Taxにしたら、やっぱり電話するだろうな^^;


確定申告をする前に準備しよう


個人的な感想としては、準備さえすれば、申告書の作成自体は、簡単です。

● 売上 (当たり前ですけど、まずこれを把握)
● 経費(合計だけでなく、科目ごとに、いくらか把握)
● 社会保険料を計算
※国民年金 → 年金は控除証明書が送られてきていますので、添付します。
※健康保険 → 口座振替済通知書が1月末頃送られてきますので、添付します。
口座振替でない方は、領収書を添付します。

● 小規模企業共済 → 掛金払込証明書+通帳コピーや領収書 → 詳しくはコチラ
● 生命保険料控除を計算 → 控除証明書から転記、証明書を添付します。

● 医療費控除を受ける方は、先に医療フォームをダウンロードして記載します。
「Excel 97-2003形式(拡張子「.xls」)」なので、保存するとエラーが出ますが、
無視して保存で、大丈夫です。ちゃんと申告書の医療費のリンクをクリックして
「読み込む」で選択したら、反映しました。…ホッ。

● 税務署から確定申告のお知らせが届いている方は「整理番号」を入力

● 自分の職業「ウェブサイト運営」など、去年書いたのを忘れている方は
開業届(あれば、去年の申告書の控え)などで、チェックしておきましょう。

● マイナンバーは最後の最後に入力画面が出ます。
マイナンバー通知書しかない方は、免許証や保険証のコピーと2種類要ります。


印刷後、提出まで


※印刷したら「捺印」して、本人確認書類とマイナンバー通知書の「コピー」を貼る。

※社会保険や生命保険の「控除証明書原本」を添付(控えが欲しいなら、送る前にコピー)
※医療費の領収書を一緒に送る(大量にある場合は袋などに入れて送る)

※税務署の宛名住所などは、申告書を印刷したら、最後のページに印字されているので、
それを切って、封筒に貼ればOKです。裏面に自分の住所氏名

※申告書を郵送で提出する方は、重量に応じて、所定の切手代が掛かります。

※申告書の控えに「収受日付印」が欲しい方は、その旨、メモで良いので記載し、
自分宛ての「返信用封筒」に「切手を貼って同封」します。

※プリンターが壊れるなどのトラブルもあり得ますから、
早めに、インク切れがないか、用紙切れがないか、プリンターが作動するかなど
点検し、印刷まで頑張りましょう。


納税の期限は3月15日!口座振替が便利・税務署でも払えます


所得税は申告だけではなく、税金の支払い(納税の期限)も3月15日なんです。
納付書などは送られて来ないので、要注意です。


今年初めて申告する方なら、税務署に行く方が多いと思います。銀行でなくても
税務署でも支払えるので、少し現金をお持ちになった方がいいかもしれません。

去年申告されているなら、予め、送られてきた用紙があるので、自分で記載して
納税するのでしょうか…私は、口座振替(振替納税)なので、詳しくないです。
(ちなみに、口座振替用紙は、去年納税されている方などは、少し前に税務署から
送ってきた筈です。 
もう今年の納税分は、手続きが間に合わないので、口座振替用紙を提出されていない方で
納付方法がわからない方は、税務署にお問い合わせください)

口座振替用紙を提出している方は、自動で振替納税されますので、
残高不足さえなければ、何もしなくて大丈夫です。



法定帳簿の保存期間は7年です。


お疲れ様でした~。
法定帳簿も印刷し終わりました。
確定申告は、申告書だけでなく、帳簿も作成して終了となります。
(法定帳簿は7年保存です)

今日は、楽しいお雛様…♪
母が、ちらし寿司を作ってくれたので、御酒と共に頂きます♪
あと、アカデミー賞も楽しみです。
頑張って、良かった…。。


e-Taxをする前に、必ずパソリをゲットして下さい。


e-Taxをする方は、必ずパソリが必要になります。
これ、直前になると売り切れたりして焦るので、お早目にゲットしておいて下さい。


パソリは、確定申告時だけでなく、
SuicaやEdyのチャージや履歴閲覧もできて、一年中活躍するので、
e-Taxをしない方も一つあると便利です。