袱紗(ふくさ)は、慶弔両用はオススメしません


献酒のお金や初穂料(玉串料)を持参する場合は、
新札を熨斗袋に入れる、と書きましたが、その熨斗袋は袱紗にお包みして下さい。
(袱紗(ふくさ)は、祝儀袋や、不祝儀袋を包む布です)

急を要する場合もある為、家族全員がいつでも使えるように、大抵、ご自宅や職場に
「慶弔両用」の物を用意していらっしゃると思います。
「急を要する・皆で使い回す」場合には、
慶弔「両用」の袱紗でも、何もないよりは、それでも構わないかな、という感じです。

個人で、ご用意される場合は、慶事用(御祝い)と、弔事用の2種類をお持ちになった方が
より丁寧で良いと思います。



慶事用と弔事用を分け、金封タイプを選ぼう


慶弔両用の使用する場合、慶事用か弔事用かで、
左右の向き(開き方)を間違わないようにして下さい。

慶事(祝儀)は、右開きで、弔事(不祝儀)は左開きです。

より丁寧にする場合には、慶事用と弔事用を分け、金封タイプを選びます。
(慶弔両用は大抵、濃い紫の無地です)


私が変なのかもしれませんが、
自分の婚儀で、皆がみんな、慶弔両用の濃い紫の袱紗を持っていたら、何か嫌ですね…。

当サイトの読者様や、この記事を偶然に読んで下さった方は、
慶弔両用ではなく、慶事用を、是非、ご購入頂きたいと思います。


袱紗は、高価ではありません。


袱紗は、決して、高価ではありません!
高島屋で、千円くらいから販売していて、一番高い物でも1万円でした。
寧ろ安すぎて、びっくりです。

最も多い価格帯で、3000円から3500円位です。
長く使えるものですから、ご自分のをご用意するだけでなく、ご子息が就職された時や
成人された時などに、親御さんが用意して差し上げても良いかもしれません。


特に、就職された時や、結婚された時など
「これから先付き合う人たちは、同世代のお友達だけではない為、より心配りが必要になる」
という事をお伝えする、良い機会になるかと思います。


※注意※ 「鶴」の柄は結婚式用・宝柄は万能


● 慶事用の選び方としては、まず、色です。
赤・エンジ・オレンジ・ローズ・薄いピンク・ゴールド・黄・藤色(薄い紫)
(※濃い紫は私は好きではないですが慶事にも使えます)

● 柄は「梅」など縁起の良い花やうさぎ、特に「宝柄」は、慶事には万能です。

● 注意が必要なのが「鶴」で、厳密には「鶴」は婚礼の時しか使いません。

ただ、普通の人は、そんなに、献酒や初穂料などをお包みしないと思いますので、
色だけご注意されたら良いと思います。

風水をしている方や、献酒、ご祈祷を受けるなど、神社に縁深い方は、
他の方より袱紗を使う場面が、各段に多い為、柄にも気を配られると良いでしょう。



呉服屋さんではなく、ネットで買いたい方へ


呉服屋さんに買いに行くのは、敷居が高いな…ネットで買えたら…
という場合、
● 目安は「金額」で、3000円前後です。

もっと高いのを買って、一生大事に使いたい!と探したのですが、
1万円以上する袱紗は、柔らかすぎてダメで、丁度良いのが3000円代でした。

● 皆さんも、値段が高い袱紗は避けて下さい。
高い袱紗は、固さが足りません。
恐らく、中に包む金額が多額な為、柔らかくても問題ないのでしょうね。。
(20万とか200万とか包む方は、柔らかくても大丈夫です^^)

● 逆に、980円とかだと、まさに慶弔両用の濃い紫の、平凡な袱紗になりますが、
固さは抜群です。
中に入れる金額が数千円でしょうから、折れない為に、固さだけが取り柄です。


私はサーモンピンクで梅の刺繍の袱紗を愛用


袱紗


私は色や刺繍が気に入って、薄い桃色(サーモンピンク)の梅の柄にしました。
値段は、3000円程度です。

鶴で素敵なのもありましたが、先述のように、厳密には、鶴の柄は、結婚式にしか
使えないので、
私のオススメは、万能の「宝柄」や「花の刺繍」です。


オススメの袱紗は、宝柄や花の刺繍








袱紗専用の箱がセットで付いています。
この程度の物を持っておかれると、どこでも恥をかかなくて済みますよ^^
私は、戸棚に、熨斗袋と筆ペンと袱紗をセットで片づけています。


関連記事