Apple製品をお使いの方へ


iPhoneやMacをお使いの方で、
お小遣いサイト(ポイントサイト)を利用されている方に
「重要なお知らせ」が出ています。

全てのポイントサイトの広告案件の承認・不承認に関わりますので、
この記事を閲覧次第、設定の変更をして下さい。


とても簡単です。
私も今、iOS11にアップデートしながら、この記事を書いています。
アップデートが終わり次第、設定しますよ!


iOS11から、「ITP」の設定が「有効」に


今回のiOSアップデートにより、「ITP」の設定が「有効」になります。
ITPは、あなたの閲覧行動の情報保持を、24時間までに制限するものです。

例えば、楽天で「キティちゃん」をチェックしたら、その後、どのブログを開いても
ずーーっとキティちゃんの広告が表示されますよね?
あれです。「何で、私が、キティちゃんをチェックしたの、知ってるの?」っていう。

その閲覧した情報が、24時間を超えて保持されない、つまり
あなたのプライバシーを守る?わけです。
従って、今回のアプデは良い事なのかもしれません…。

しかしながら、お小遣いサイトで広告利用をしている場合は
状況が変わってきます。 

この変更は致命的になりかねないのです!


全てのポイントサイトの利用に影響が出る可能性


広告利用の際、「サイトへ行く」「ポイントを貯める」などの
バナーをクリックしてから、
お買い物や申込のアクションをしますよね。

そのバナーをクリックした情報が保持される事によって、
ポイントサイト側も、あなたがクリックしたかどうか判断しているので、
これが24時間で無効になっては、広告の承認・非承認の判定に悪影響が出ます。


※絶対に、非承認になるとは言いません、非承認の可能性があがるとの
注意喚起ですので、必ず、設定の変更をしておいて下さいね。

ライフメディアのように、個別にメールを送ってきたポイントサイト、
スマホのサイト上で案内しているちょびリッチなど、対応は様々ですが、
どのお小遣いサイトを経由するにせよ、重要な変更ですので、
広告利用を確実に承認にする為にも、
「ITP」の設定を「off」にしておいて下さいね。



iOS11以降のSafariについて


iPhoneのiOS11のITP設定


<< 対象 >>
iPhone・iPadなど、iOS11以降のSafariをご利用の方全て

<< 設定方法 >>
ホーム画面の「設定」→「Safari」をタップ→
「サイト越えトラッキングを防ぐ」をOFFにする


MacOS HighSierra以降のSafariについて


<< 対象 >>
MacOS HighSierra以降のSafariをご利用の方全て

<< 設定方法 >>
「プライバシー」→「サイト越えトラッキングを防ぐ」のチェックを外す


まだライフメディアの会員でない方は…


設定手順まで、会員への個別メールで教えてくれたライフメディアの
サポートは信頼できますね。

ライフメディアへ無料登録


※尚、ライフメディアは、登録した月に1P獲得すれば、250Pが貰えます(翌月に付与)
※翌月末までに、ポイント交換すれば、さらに250Pが貰えますよ!(翌々月に付与)

※250Pプレゼントには、1P獲得する事が条件ですので、
登録後、すぐに → 「アンケート」ページで、1問でいいので回答して下さいね^^


参考記事