「他行の預金を、うちの銀行が横取りしたい」という野望


以前「楽天銀行で金利200倍の定期預金・利息50円が1万円に!?
という記事をアップしました。

楽天銀行には、今どき、1か月0.21%の金利をくれる定期預金があるのですが、
条件は「他行の自分名義からの「振込」である事」のみなのです。

つまり、これは、
「他行の預金を、うちの銀行が横取りしたい」というだけの話です。

銀行の営業が回ってきた時代なら、それこそ
「他行の定期預金の払戻伝票のコピー」を付ける…みたいな感じのキャンペーンです。
(近頃は、銀行も預金なんかしたって、喜んでくれませんけどね…)

身近な例で、イメージするなら、ずばりMNP。
auから、docomoに変えて貰う事は、単純にdocomoが+1なんじゃなく、auを-1にしたわけで
MNPは、携帯会社が喜んだ案件でしたよね(今は喜ぶか知りませんが…)


楽天銀行の謎の定期預金?!…リテラシーの差です


時々、投資のブログを読んでいると「楽天銀行の謎の定期預金」という言葉が出てくるので
(どうやら、何故、こんなに高金利なのか理由がわからないらしい)
私、ちょっと考えてみました。

つまり、投資ブロガーは、ヲタクなのです。
ネット証券で取引を繰り返すレベルの人は
「普通の人」が、ネットで振込んだり定期を作成したりできると思っているのでしょう。

残念ながら、それは、勘違いです。

そもそも、ネット銀行やネット証券の口座開設なんて、できません。
マイナンバーカードをスマホで撮影はできても、
その画像をネット証券口座開設時にアップロードもできないし、
「定期預金金利が高い銀行は?」で、検索もしません。

なので「0.21%の定期預金」の存在に気付いている時点で立派な位です。

第一、この記事を読んでも、やり方を書いても、「そのうち、時間があれば、やろう…」
と思いつつ、結局、やらない人の方が多いでしょうから。
(いや、これ読んでいるあなた様は、今すぐ、やって下さいね…)


楽天銀行の0.21の一か月定期預金は、無限ループできる


ちなみに、この楽天銀行の0.21%の一か月定期預金は、無限ループできます。
● 他行の自分名義の銀行口座から、楽天銀行の自分名義の口座に手数料無料で振込
● 0.21%の一か月定期を作成する(絶対に満期自動解約にする)
● 満期金を別のネット銀行の自分名義に手数料無料で振込
● 再度、そのネット銀行から手数料無料で、楽天銀行の自分名義の口座に振込
→ 2に戻る。
無限ループなので、この定期がある限り、ずーっと0.21%の預金金利が確保される。

でも、投資ブログを書いてるレベルの人には、簡単な操作でも
「普通の人」には難易度高いと思います。

まず、ネット銀行を「複数」持っていないといけない(資金を行ったり来たりさせる為)
● 「手数料無料」で振り込めないと意味ない(金利より、手数料が高くなり意味なし)
● 自分で「資金お引越定期」を作成できないとダメ(普通の定期じゃダメ)
● しかも「満期自動解約」の意味を知ってないとダメ(反射的に自動継続する人、多し)


圧倒的多数が「最初の1か月だけ0.21%」になってしまう筈


この定期が「無限ループできる」というカラクリに気付いてないと、
単に「他行から振込んだ一回だけ(しかも1か月)得をする」で終わる。

(絶対、こういう人が多い)

まず、満期金を、自由自在に、振込手数料無料で移動させられる人が少ない筈で
定期預金をネット上で自分で作成する事にも慣れていない筈です。

その上「複利が有利」という「うろ覚え」や
「自動継続にしたら、ずっと、0.21%?」なんていう勘違いをする人もいそうです。

つまり、この定期の恩恵を継続して受ける為には、
一旦満期金を受取り(満期自動解約)、他行の自分名義口座に振り込む必要があるわけで
絶対に「自動継続」にしてはいけないのです。
(自動継続の場合、2ヶ月以降は、0.02%の金利に落ちたまま、継続されていきます)

わざわざ、他行振込してまで、資金を移動させたのに、
たった一つのミス「自動継続」にしただけで、最初の1か月だけ0.21%になるというわけです。

この「0.21%の定期預金」に預けた、何割の人が、無限ループで得できるか、正確には
わかりかねますが、圧倒的多数が、出来ていない気もします。


このシステムを考えた、楽天銀行はスゴイ


世の中の人の金融リテラシーがどれほど低いか…もしかしたら、
自分自身は、非常に詳しい為に、投資ブロガーはわかっておられないのかもしれません。

だから「謎の定期預金」という理解になるのでしょう。

現実には、謎でも何でもなく、楽天銀行は(言葉は悪いですけど)
世の中の人たちのリテラシーの低さに付け込んで
(場合によっては、金利より高い振込手数料払ってまで、預ける人もいる筈)
圧倒的多数に、最初の1か月のみ、0.21%支払うだけで、済んでいるのではないでしょうか。

勿論、現在の銀行業では、預金だけ集めても仕方ないわけですが、
とは言え、資金がない事には、始まらないわけで。

そうなると、楽天銀行のようなネット専業銀行は、
営業も投入せず、店舗も持たず、事務作業さえユーザーにさせる事ができて…
(それでも、自分で調べて、0.21%の定期を見つけただけ偉い位ですが)
この定期を、見つけたユーザーですら、無限ループまではなかなか気づかない筈で。

つまり、
「お金を掛けずに、大金を集められるシステム考えた楽天銀行は偉い!何もナゾじゃない」
と思うわけです。 

その上、残高があれば、楽天銀行経由で、楽天証券のiDecoやつみたてNISAなどに
預けようと思う方も、自然に増えますしね。


楽天銀行は、何故、無限ループを許すのか?


繰り返しになりますが、世の中の人は、こんな事、知らないし、できません!
この定期を預けた人の、わずか…(1割程度?)のヲタクが、無限ループしてるだけ…。

何で無限ループを止めさせないかって? 
そういうヲタクが、ブログに書いて宣伝してくれるから、ヲタクに0.21%の金利を支払う方が、
楽天銀行も得だと判断して、見逃してるのじゃないかなー。
と思っています。


逆に、止めたら「こんな定期に騙されるな!」って、ブログに一斉に書かれそうですしね^^;

そして、当然、楽天銀行の次に有利な定期などに預ける為、資金を引き出しますよね。
(勿論、私だって、そうしますよ)

投資ブロガーの人は、常に、最適な預け先を探して、情報収集や勉強に余念がないわけで
そんな人は、ほんの一握りなのです。

でも、皆がそんな人ばかりだと思ったら大間違いです…。

(※ちなみに「投資ブロガー」を「ヲタク」と書いたのは、褒め言葉ですからね!
最適な言葉が見つからず、お気を悪くされたら、すみませんです^^;)



資金お引越し定期の探し方


銀行資金お引越し定期0.21%楽天.png


「そんなにお得なら、私もやりたい!」「でも、0.21%の定期預金のバナーないよ?」
という方。

このバナーの場所、結構、移動するのです、でも2018年11月現在もキャンペーン中です。

● 楽天銀行にログイン後、「MyAccount」の4つ横に「円預金」がありますよね?
そこをクリックした後「通常定期預金」をクリックして下さい。
すると
優遇金利キャンペーン、つまり、
「資金お引越し定期・1ヶ月もの0.21%」のページになります。

そこで、期間「1ヶ月」の欄のラジオボタンを選択すれば、OKです。

必ず、「満期自動解約」で、満期が来たら、普通預金に戻るよう、設定して下さいね!
満期後は、一旦、他行に振込して、再度、楽天銀行に戻して、またこの定期を作れば、
無限ループできますよ!


まずは、楽天銀行を開設しましょう


→ 楽天銀行をクリックして、口座開設して下さい。

ご面倒でなければ、
楽天銀行で金利200倍の定期預金
の記事の末尾から、ポイントサイトに登録して、口座開設されると数百円貰えます。

他のネット銀行や証券口座開設についても、ポイントサイト経由がお得です。
上記記事を読んでみて下さい。


もっと勉強したい方は、橘玲さんがオススメ


あと、
「ここに書かれているような事は、やってる!」
「預金保険が何かとか、そんなの知ってる!」
「無リスク資産が、預金保険で守られる1千万+利息を超えた場合は
何が最適か、イザと言う時備えるには」…など、
「もう少し、詳しいところ、教えて欲しい」という方は、橘玲さんの本がオススメです。

国家破産はこわくない (講談社+α文庫)
国家破産はこわくない (講談社+α文庫)


私は橘さんのファンなので、読破状態ですが、上記の本は、
国債や外貨預金、金投資など「名前は聞いた事があるけど、ちょっと馴染みの薄い金融商品」
の勉強をしたい方にはうってつけです。


現在「Kindle Unlimited(無料体験に登録)」で、無料で読めますよ♪
(私は、840円で電子書籍を購入したので…、今、超、お得ですね!)