2018年分の確定申告終了、医療費控除が20万も使えた…。。


2018年分の確定申告、帳簿も含め、夕べ、終了しました。
やっぱり、早めに仕上げると、自分が何に使ったか、チェックする余裕ができますね。

2018年の分で、把握していなかったのが、医療費!まさかの30万越えでした。
ちなみに、病院は徒歩圏内と病院の送迎バスなので、交通費抜き、完全に正味でこの金額です(怖)

2017年より倍増ですね。
一回当たりは安いけど、毎週通っていただけに、歯医者が結構掛かっていました。

まぁおかげで、計算外の20万超の医療費控除を計上できました。
私にとって、ここへきての20万の控除ゲットは、節税効果を考えたら、すごい額でした。
いや、でも、医療費倍増では、全く喜べませんね(汗)
単なる医療費の問題でなく、通院自体ストレスですから。

売上と経費、帳簿や領収書の把握ばかりに気を取られていましたが、
これからは、医療費ももっと早めに計算しておいた方が良さそうです。
(今年から、また、医療費フォームが変わってましたが、年明けには、確定申告コーナーから
DLできます。エクセルの枠を作ってあるので、入力は超簡単です。
それでも30万円分は結構、量が多かったです。…4P分!)


新聞図書費が意外と安い、月1万程度…Kindle Unlimited偉大過ぎ


2018年はとにかく、勉強しないと!と思い立ち、読書する機会が多かったです。
Kindle Oasisだけでは飽き足らず、FireHD10まで買って、Kindle(電子書籍)を読みまくりました。
例年の10倍以上、読んだ記憶が…。

でも、一年間の集計をすると、12万位、という事は月1万円ていど…。
ものすごく使った気でいましたが、全然でした…。 

しかも、私の場合、純粋な書籍だけでなく、メルマガにnote、有料記事の購読に
直近ではオーディブルなど、月額料金が掛かっていたのに、この安さですよ?

新聞図書費を抑えられた要因で思い当たる事は、2つあって、
1. 電子書籍で買っていた事
2. Kindle Unlimitedを利用した事
です。

「ぇ、月1万くらいだったの?うそー!」と真剣に驚いたのは、これ以外の理由が
見当たりません。 Kindle Unlimited、恐るべし。。。

月980円で人生が変わる、何て良い時代になったんでしょう!

ちなみに、Amazonプライム会員でなくても、Kindle Unlimitedで損する事はないので
ご安心下さい。


電子書籍は、紙の本より安く買える、場所を取らない、管理が楽


電子書籍は、紙の本より安く(Kindleだけ破格のセールとかもあります)ポイントが貰える事も多いです。
Amazonポイントだけで、安い電子書籍ならタダになる事もあります。
※注意※ 但し、Amazonポイントだけで購入できた本は経費計上できません。

電子書籍はデータですから、当然、売り切れがありません。
夜中でも、思い立った時に、買って、すぐに読めます。
しかも読んだ後、場所を取らないので、捨てる必要がありません。
さらに、重い本を整理するなどの管理の手間が皆無! 
良い事尽くめです。

デメリットを強いてあげれば、読んだ後、人に売ったり、あげたりできない事ですかね(笑)


月980円で人生が変わる!Kindle Unlimitedは経費削減の強い味方


Kindle Unlimitedに含まれていない本は、kindle電子書籍として、普通に購入する必要が
ありますが、話題になった本でも、読んでいないものなんて山ほどあるわけで、
数か月は、本の選択に困る事はない筈です。

結局、私は2018年は8カ月使い倒しました。
読み放題なので、月980円で生活が…というか、人生が変わる程、読めますよ!

Kindle Unlimitedの素晴らしい点は「来月は忙しいから読み放題は要らない」と思ったら、
次の更新を即刻ストップしておけるシステムにあります。
※契約をキャンセルしても、次の更新日までは普通に利用できるのです。

さらに、
※「月初始まり」ではなく、いつ入会しても、その日から30日間無料なので
月末近くで加入しても、損する事はありません。

もっと言えば、単に経費削減に役立つだけでなく、
普段読まないような分野の本を立ち読み感覚で読めるので、
エンタメというか、気分転換も味わえる点が良かったですね。

● メルマガや、note、有料記事(電子版新聞購読含む)、オーディブルなどの効果については
知識や情報に投資しない層は、人生が暗転していく
で詳しく書いていますので、ご一読頂けると幸いです。





交通費は、減少傾向


交通費は、今年はもうそんなに使わない気がしてきました。
やっぱり、今までは、本屋さんで、紙の本をよく購入していたので、
本屋さんの領収書とともに、交通費を計上していたのですが、
2018年で、一気に電子書籍に、メリットしか感じなくなったので、
「どーしても、電子書籍化されない」という本しか、紙では買わないので、計上しようがないですね。

文房具などの消耗品を購入した時も、交通費を計上していますが、
一通り、揃えたので、2019年は、そんなに買わないかも…リピ買いの物は、ネットで注文しますしね。。

あと、医療費控除の所で書きましたが、今は幸い、通院先が交通費ゼロで行けるので、
これも、計上しないと思うので。

グレーな経費はあげないようにしてるので、
私の場合、今のところ、本や消耗品を購入した時だけなんです。

もっと風水に特化したブログになれば、神社に行った交通費とか計上できるのですが、
そうすると、もっと隅々まで写真撮影したり、参拝以外に「業務としての作業」を増やす必要があります。
癒されに行ってるのに、余計疲れそうで、まったく気が進みません…。


水道光熱費と通信費の按分について


私が払った月だけ、按分して計上しました。
毎月は支払っていませんので、大した金額にはなりませんでした。

通信費はプロバイダ料金ですね。あと、レンタルサーバー代。
なんだかんだで、レンタルサーバーのメールアドレスは、地味に便利です。
※楽天銀行にも、レンサバのメールアドレスを登録しています。
だって、携帯会社なんて、いつMNPするかわかりませんからねー。

と言うか、近々、auからdocomoにMNP予定です。
MNP後に、楽天銀行のメールアドレスを変更していなかった事を思い出すと
もんのすごく面倒(ネットでは完結せず)らしいので、携帯のメアド登録は危険ですね^^;

携帯料金も計上しています。
IIJmioなどの格安SIMや、Y!mobileなどで、節約したい(というか、家族は使ってます)
のですが、私は、モッピーなど、携帯メールアドレスが必要になるサイトを使って
報酬を得ていますので、メイン回線を移せないのです。

売上に貢献する回線契約なら、目先の節約より、経費計上して、稼ぐ方を優先すべきだと
考えているので、これはポイントサイトを紹介しているブロガーは削減できない部分ですね。

こういう特殊事情がないなら、携帯代などの固定費は、真っ先に削るべきですから、
格安SIMに移行すべきだと思います。


オンラインストレージ代は、支払い手数料に仕訳可能


これは振込手数料を取られる場合に計上しました。

あと、すんごいマニアックな、PC関連の経費(勘定科目)に関する税理士さんの記事が
参考になりました。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/1106259.html

この記事に「オンラインストレージであれば、通信費か支払手数料」と書いてあったので、
支払手数料に計上する事にしました。
OneDriveや、iCloudの有料プランを利用している方のご参考になれば…。

あと、PCなどの延長保証は、損害保険料か、もういっそ雑費でもいいとの事。
※但し、車など保険料が高額になる場合は、一括計上は認められない可能性があるそうです。
でもまぁ、PC回りの延長保証料位なら、
別に3年保証を、1年毎に計上しろとか、そこまで詳細にしなくていいようです
(って言うか、そもそも、こんな少額を年数で分ける発想が私にはなかったです…)


消耗品費は、生産性向上に繋がる物の購入を考えるきっかけに


文具などの事務用品費、PC周辺機器他、デバイスや、ソフトウエアなど。
交通費の所で、書きましたけど、使い勝手の良い文具類は、2018年までに、一通り揃った感じです。
替えのインク代、壊れた物とかは、大した金額にはならない上、Amazonで購入できます。

デバイス類も、
iPadの買い替え、FireHD10やOasisなど、私にとって、画期的に生産性が上がる物を購入できました。
FireHD10は消耗品だと割り切ってますが、Oasisは高めだったので、3年は使いたいので延長保証に
加入しました。 延長保証は購入後1ヶ月以内なら入れるそうで、ギリ間に合いました。

2018年は、タブレットスタンドやスマホスタンドなど、
本当に、細かい改善を繰り返し、ベストな環境を手に入れる為に努力しました。

スマホスタンドは1000円台で購入できますけど、10インチクラスのタブレットスタンドで、
角度調整付きで、安定性、携帯性を求めると4000円台になってきます。

経費でなければ、タブレットスタンドを購入するのは勇気がいったかもしれません。
少なくとも、iPadの分と2つ買う勇気はなかったと思います。

でも、引き出しにしまって、充電もしないと、イザ使う時に、時間が掛かって使わなくなります。
それなら、スタンドを購入して、常に出しておいた方が、使うまでのハードルが低い為、
結果的に、たった4000円の投資で、元を取れる事になります。

勿論、経費にできるからって、
無駄な物は買いたくないので、2019年も、必要かどうかの見極めは重要課題です。

でも、生産性向上が見込めそうな物は、多少高価でも、しっかり投資していきたいです。


経費は「お金を使う為の良い訓練」になる


一年分の帳簿を見ると、本当に感慨深いものがあります。

例えば、ウイルスソフトですが、ウイルスバスターが重かった為、有効期限を無視して、
乗り換えたり(すごく安く買えたとは言え)できたのは、やはり経費だったからだと思います。

本当は、私たちは、経費かどうかに関係なく、
必要なもの、生産性向上に貢献する(可能性のある)もの、自分の知識を高めるものには、
予算の範囲内という制限はあるにせよ、しっかり、使わないといけない筈です。

「お金を使ってはいけない、貯めないといけない」と、
使う事を【悪】、貯める事を【善】と教えられて育った人が多いと思いますが、
その場合は、大人になったら、自分で【使い方】をマスターすべきだと思いました。

実は私も、
物を買う時、ほぼ毎回「これを買ったら、贅沢かな…?」と、つい自問自答してしまいます。

でも、経費(仕事の為なんだよ!と自分を納得させられる)のおかげで、
「これを買えば、仕事に役立つ」と思う物の購入には、迷わなくなりました。


失敗した事がないなんて、何の自慢にもならない、マンネリなだけ。


2018年は、さらに進んで、
「これを買えば、役立つ【かもしれない】」と思う物にも使えるようになりました。

だって、使い勝手なんて、使ってみないとわからないじゃないですか。
欲しくてたまらなかった物が、案外、手に入れると、どうでもよくなったり、
半信半疑で買ってみた物が「今まで、何をしていたんだ」と思う程、役立ったりする事もあります。

意識改革の指標としては、「失敗する経験の重要さ」に気付いているか?に尽きます。

例えば、10個買って「10個とも役立った」と言う事は、一見正しいようでいて、
実は、新しいモノにチャレンジしていないだけだったりします。

つまり、もっと「冒険」して、時には「失敗」した方がいいと思うのです。

Oculus Go オキュラスを買ったら、人生観変わった!でも、目が回った…@@」
「欲しくてたまらず、プロジェクターを買ったら、家族に不評で使わなくなった…」
「ドローンでiPhone飛ばしたら、液晶保護ガラスが粉々に…(まぁ保護ガラスならドンマイ)
「飛ばす場所がなさすぎて、気付けば、山歩きが趣味になっていた(こう言う人、知ってます)」
「ネックスピーカー、安いのは音が悪い、高いのは重過ぎて肩が凝る…どうしたらいいの?…」
Fire TV Stickって、そんなにいいの?と半信半疑で買ったのに、火を噴きそうな程、使いまくってる」
なんて、よくある事です。

ネックスピーカーの1つや2つ、失敗したって、別にどおって事ないでしょう?
それより、Fire TV Stickで、人生変わる程、毎日楽しくなった事の方が素晴らしいと思います。

是非、皆さんにも、「役立つ【かもしれない】」物に、お金を使って欲しいと思います。


まとめ


帳簿を眺めていたら、2018年は成長のきっかけが掴めた一年だったな、と感じました。

アウトプットはお金をうみますが、インプットは、お金を使う必要があります。
でもこの支払いの一つ一つが、未来の自分を作っているなら、
有意義だと言えます。

このブログの読者様は、殆どが、現在はどこかにお勤めかと思います。
(まぁ、この記事に限っては、開業済の方が中心かもしれませんが…)

会社員の皆さんは、会社の経費が使える場合は、全く自腹を切らずに済みます(羨ましいw)
経費なんか使えないよーという方も、
給与所得控除という名の、経費が予め控除されています(これ、超お得なんですよー)

なので、会社員の皆さんも、どんどんチャレンジして欲しいと思います。
最新のiPhoneは高すぎですが、例えば、iPad(Proでない方)を購入してタブレットの使い勝手を
試したり、もっとお安く…という場合は、FireHD8や10を購入してみて下さい。

タブレット保有者と年収には相関関係があります。
高価でなくていいので、タブレットを体験したり、ボロボロのスマホを使っているなら、
買い替えもオススメします。
節約志向は、将来明るいどころか、中身が空っぽになる可能性があります。

恐ろしい勢いで、世の中が変化していきますから、新しい技術に触れて、好奇心を満たして、
そのうち、ブログを書く位のパワーを身に付けて下さい♪