毎年、7月に病気平癒のご祈祷を受けていた理由


私は毎年、病気平癒のご祈祷を7月に受けています。

理由は
● 初めて受けた時が、たまたま7月だった
● その時宮司様が 「7月(祇園祭の時期)は御神威が増す」と話しておられて感動した
● 毎年7月は、粽(ちまき)を買いに行く
● ムクゲ(祇園守)の鉢植えが販売されるのと同時期
● 初詣と祈願書を書いた時にご祈祷を受けるので、その間あたりで受けておこう
という、5つの理由が重なった為です。


今年から、5月にご祈祷を受ける事に…


本殿(拝殿・神楽殿など神社によって異なります)にあがるには、
スーツ着用(最低でも長袖)が必須です。

それを知っていて(知らなければ、恥ずかしくないでしょうけど、それも嫌ですよね笑)
去年(災害級の酷暑と言われた年)半袖で行った事が、ものすごく恥ずかしかったです。


一昨年までは、その間だけ、何か羽織っていたのですが、去年は、もうそれすら耐えられない程
暑かったんです…
平日でもお祭り並の人出ですから^^;

それなら、絶対スーツを着用できる春でもいいではないか?と思いました。
本殿に入らないなら(チマキを買うなど)半袖でも行けるので。
(可能な限り、普段からスーツ推奨ですが、ご祈祷を受けないなら…)

「丁度改元に合わせて行こうかしら?」とか、
旗日に生まれたので、「お誕生日に行こうかしら?」とか思いつつ、
喧噪の中、ご祈祷を受けたくない、という思いもあり、GW中は避けました。
(ニュースで、この界隈は、観光公害で、国内旅行者が避けている、と聞いて切なくもあり…)

あとの一つが「疫神社改修の奉賛金」を一刻も早くお持ちしたかったからです。
6月には終了なので、7月では締め切ってしまうかもなので。

そんなわけで、前倒しして、5月にご祈祷を受ける事に!


暑さ問題と、喧噪問題などが改善!ありがとうございます!


神社の名誉の為に、全てが改善されていた事もお話したいと思います。

● まず「祈祷受付場所の扉が開閉式に」なっていました。
去年までは、開きっぱなしだったので、祈祷申込書を書く場所は、すごく暑かったのに
今年は閉まって(開閉式)いて、
全体にクーラーが効いていて、涼しくなっていました!嬉しすぎる…。。

● 去年くらいから、その前触れはあって、
一昨年までは、「祈祷申込書」を書く時、クーラーが効いている「待合室」で書こうとしたら
机で書くようにと注意されたのに、
(着いてすぐに、下を向いて、祈祷申込書を書いている時が、一番、暑いのです…)
去年は、待合室で書く事を、笑顔で許して下さいました^^;

一昨年、たまたまご一緒に受けた男性も、スーツ姿で、本当に暑そうでしたしね…。

● 外の喧噪が聞こえないように、本殿が透明のガラス?(素材不明)で覆われていました。
単に、全体が涼しいだけでなく、外の喧噪除けの効果もあると思います。

あるいは、祈祷申込所の扉が閉じてある効果が非常に大きいのかもしれません。
去年までは、巫女さんの「低頭して下さい」等の声が聞き取れませんでしたからねぇ…。


神札と「蘇民将来子孫也」の御守りを頂きました♪


八坂神社でご祈祷を受けました20190510.png


快適な環境で、祈祷申込書を書き、外の喧噪も殆ど聞こえず、
巫女さんや宮司様の祝詞奏上もよく聞こえ…
しかも、ご祈祷を受ける人も私だけ…!! 嬉しすぎる…♪

ゆっくり、玉串拝礼をして、宮司様のお話を聞いて、お下がりを授かりました!

御神饌、神札、御神酒、御神水…そしてこのお守りこそが
病気平癒で祈祷を受けた人が授かる「蘇民将来子孫也」と書かれた疫神社ゆかりのものです。
文字通り肌身離さず身に付けています。


疫神社 修復奉賛:改修工事への寄付はいくらから?


疫神社の修復奉賛で御寄進2019年5月10日.png


ご祈祷の後、境内の摂社末社を参拝し、最後に社務所へ…。
「疫神社 修復奉賛(改修工事への寄付)」の為です。

何故、八坂神社のHPに詳細が出ていないのか不思議なんですよねー。
小さいですけど、7月31日に祇園祭を締めくくる、盛大な夏越し祭が行われる神社で、
疫神社なしには茅の輪くぐりも出来ないのに…

(通常夏越しの大祓は6月末ですが、祇園祭の関係で7月31日なのです)
「疫」という名の通り、病気除けの神様です。元々祇園祭も疫病除けが発祥ですが。

いくら、ネットで検索しても、疫神社の奉賛金の事が出ていなかったので、
ひょっとしたら5千万円くらいなら、奉賛会で用意できてしまうのかな…と思い、
電話で問い合わせたら、受け付けています、との事。。

● 金額:5千円から。私は一万円にしました。
● 寄付をした場合:
「御芳名はご神前に奉告申し上げ、社殿内に奉納いたします」
● 記念品:私は絵馬を頂きました。
※もしかしたら、記念品は、金額によって違うかもしれません。

記念品を貰えるなんて知らなかったので、嬉しかったです^^
あと「ご神前に奉告のみ」だと思っていたので、「社殿内に奉納」と書いてあって
ますます感動…。 

毎年病気平癒のご祈祷を受けている位ですから、年に何度も疫神社をお参りしています。

実は、過去ログに、疫神社の写真をUPした事があるのですが、塗りが剥げてしまっていて
思い切り、修正を掛けました^^;
改修後は、修正かけなくても、美しいでしょうね…早く見たいな。。。


奉賛金(寄付金)の相場はいくら?電話で問い合わせるのは失礼?郵便振替は?


私の知る限り、改修工事等での寄付金の相場は5千円です。

例外的に
出雲大社が遷宮された時は千円~、下鴨神社は3000円~と安かったと記憶していますが
他の神社の奉賛金を見ていると、殆どの神社が、5000円~だったと思います。

金額含め、電話で問い合わせるのは失礼ではありません。
公式HPなどに記載がない、ネット上にも情報がない、という場合、
直接、電話して、お聞きになっても、全く問題ありません。

金額を聞くのが憚られるようでしたら
「不躾な質問で申し訳ありませんが…」と付ければ、悪印象は与えないと思います。
寧ろ、寄付金の金額など、知っている方が少ないですからね。

振込(郵便振替)で寄付できるか
以前に、神社でご祈祷を受けたりすると、時々、奉賛金を募っている封筒が来ますよね。
直接持参できないけれど、寄付したい方は、郵便振替でできます。
封筒が来なかった場合は電話で寄付したいと言えば、郵便振替の用紙を送って下さいます。


寄付をする際、熨斗袋の表書きは何て書くの?


表書きは「御寄付」でも「奉賛」でも「御寄進」でもいい(電話で確認済み)そうです。
私は「御寄進」にしました。



のし袋


上記は、献酒した際の熨斗袋です。左側が「中袋」です。
  1. 中袋の表に「金○○円也」と書きます。
    旧字で記入するのは「丁寧だから」と「金額を書き換えられない為」と言われています
  2. 中袋の裏に、住所氏名電話番号を記載します(筆ペン以外でもOK)
  3. 中に入れるお札は新札を用意します。
  4. 人の顔が表に来るように入れます。
  5. 慶事の時は、画像真ん中のように、下折りが上になるようにして熨斗袋に入れます。
  6. 「熨斗袋」の表書きは、「御寄進」がなかったので、手書きにしました。
  7. 熨斗袋の下には氏名を書きます(家族の場合、連名でも構いません)


この熨斗袋には、予め印刷された「初穂料」「玉串料」「お祝い」「白紙」の4種類が入っています。
「御寄進」はなかったので、白紙を使用して、手書きした次第です。

初穂料用の熨斗袋は、いくら探しても、実店舗に良いのがなかった為、
私はこの熨斗袋を10枚位、買い置きしています(笑)


寄付以外にも、秋祭りの献酒、祈願書・年末の献酒・年始のご祈祷、
神棚の買い替え時など、何にでも使えるので、とにかく重宝しています。


千円から数千円程度の熨斗袋は?


熨斗袋は、千円から数千円程度であれば、水引きは印刷でも構いませんが、
その場合でも、最低限、中袋付きの熨斗袋をご用意ください。

作法は1万円以上の場合と同じです。
折り式の場合は、下折りが上で(逆だと弔事になります!)
お札も新札を用意し、お札の人の顔が表側になるように入れて下さい。


私が買い置きしている熨斗袋2種類と、オススメの筆ペン


● 1 ● 御寄進や初穂料で使用しています。(上記の画像と同じ商品です)


● 2 ● 数千円をお包みする場合
※画像は「初穂料」の封筒ですが、下記のリンク先で、
「奉納」「御祝」「無地」の4種類から選べますので、お好きなのをどうぞ♪


● 3 ● 画像の文字も書いています、オススメ筆ペンです。
私でも書けたので、使いやすい筈(笑) Amazonベストセラー1位も納得