事業所得に係る事業内容等について(照会)


売上から経費を引いた金額が290万円を越えると個人事業税が掛かります。

注意すべきは、青色申告特別控除は、事業税には適用されませんので
純粋に「売上-経費=(所得)」から290万円の控除という事になります。


開業しているのに「事業所得に係る事業内容等についての「照会」なんて
来た事がないよ、という場合、
ただ単に所得が290万円の控除内に収まっていただけの話です。

掛からない業種って何があるんだ?という位、ものすごい職種が網羅されています。
まぁどう考えても、在宅ワークのアフィリエイターが逃れられるわけがないので
ここは観念しましょう。


届けを出さなくても、向こうから送ってきます


ポイ活で、ありがちなのが、急にドカンと収入が増えてしまい、
「これで、無収入のフリして、バレたら、大変だー!」
と不安になって、慌てて検索して、ようやく「開業届の存在を知る」みたいな感じかと…


ブロガーの場合は、もう少し早く開業関係の情報を知っていると思いますが
インスタでポイ活してるクラスタは、何か、知らなさそうで、税金いっぱい払う事になりそう。
領収書とか残してたら、申告時、少しでも節税できるんですけどねぇ…。
私のブログ、読んでないだろうしなぁ(笑) 

ちなみに、普通に、所得税の確定申告をしている方の場合、
勝手に税務署から役所に住民税の連絡が行きますよね。
あれの延長線で、勝手に、個人事業税の税務室にも伝わって、連絡(照会)が来ます。

なので、自分から届けるのは、税務署への開業届だけでよくて、
税務室に「個人事業を営んでます」という届は出さなくても、
一定以上稼いだら、勝手に「事業所得に係る事業内容の照会文書」が、送られてきますので、
その用紙を提出すればOKですよ。 


アフィリエイターの個人事業税の税率は5%です


「事業所得に係る事業内容等について」みたいな文言の書類が送付されてきますので
書いて、返送するだけです。
→ 後で「個人事業税を払え」と、請求来ますけどね。

簡単な質問に〇するだけ+2か所ほど文章記載するだけなので、迷う所もないですよ。
「仕事の内容を具体的に記入して下さい」とか
「収入金について、その他の場合(アフィリエイトなど)具体的に記入して下さい」とか
微妙に文章は違うかもですが、その2か所だけ、記入したら、後は〇するだけです。
 ↓
● ブログからアフィリエイト収入を得ています、とか
● WEBから広告収入を得ています(どっちも同じ意味w)

いずれにせよ、アフィリエイトは、WEBを使った「広告業」ですから「税率5%」です。

知らなかったら、ショックで寝込むでしょうから、この記事を読んだ、
あなたはラッキーだと思いますよ…??

だって、知ってたら、同じ税率でも
「あー、はいはい」という諦めの境地で受け入れられると思うので…(タブン)


所得の多寡で決まるだけ。目的なんか聞いてくれません


「事業目的でやってない」と主張しても、そんな甘くないですよ。

動機はなんであれ、結果的に、何百万も所得があって、
「ポイ活っていう、お小遣い稼ぎなんですぅ」「食費と日用品の節約の為なんですょ」
って主張しても、通らないんです。
(そんな事言ったら、パートだって、同じ理由で働いているわけですから、
払いたくなかったら、会社に勤めろよ、という話になりますからね…)

あなたの「思い込み・勘違い」と税法は関係ないので「知りませんでした」では
見逃してくれません…。

つまり、「所得の多寡」で決まるのです。
私は、個人事業税の事を記事に何度か書いていますから、前から計算方法を知っていたのですが
知らない人は、こんな封筒来たら、びっくりするかもですね。。

きちんと、確定申告していれば、税務室から封筒が来ても、特に問題はありませんので
何も慌てなくて大丈夫です、安心して下さいね^^
(その紙に電話番号も書いてありますので、わからない時は気軽に質問して大丈夫ですよ)



個人事業税が、掛からない人ってどんな人?


業務委託契約を結んでいるとか、
企業に通勤しているとか、
給与のような報酬である
そういう場合は、掛からないようですが、私では断言できません。

(掛かるか微妙な勤務形態の方はご自身で問い合わせてください、当ブログでは
責任を取れませんので。)

でも、アフィリエイターで、上記を主張するのは無理でしょう?

不特定多数の会社から収入があり、在宅ワークで企業と主従関係でもありません、
稼いだお金も、給料ではなく、完全に自力ですからね。

どう考えたって、個人事業税の対象です。


1円単位で、所得が捕捉されていた…


「事業所得に係る事業内容等について(照会)」で、売上の内訳を書く欄があります。
えーと。
去年の売上は…とチェックしようと思ったら、もう合計欄に「印刷」してありました。

調べるまでもなく、1円単位で、所得が捕捉されちゃってます(怖)
「合計欄」が印刷されていては、もう、アフィリエイト収入か原稿料かの内訳を
書く位で、まぁある意味、手間は省けますけどね^^;

特に証明書の添付も必要ありません。
不備があれば、税務室から電話が掛かってくるそうなので、日中繋がる電話番号を
記載しておきましょう。


前年度に開業した場合、日付を書く欄があるのですが、私は開業初年度に個人事業税が
掛かるほど、所得がなかったので、該当せず、空欄にしました。
 ↑
でも、鉛筆で、開業した日付を横の空白に記入しておきました。
※これは別に推奨ではなく、単に私が、勝手に書いただけの話です。


虚業と、額に汗して働く事の差ってなんだ?


同居家族は、私が時間を掛けて、ブログを書いたり、写真を加工したり、本屋でそういう本
ばかりチェックしている姿を見ていますから、私の努力を知ってくれています。
そういう意味では、OLより、24時間仕事の事を考えているかもしれません。

でも、法事とかで会う、親戚とかには、なかなか理解されないですね。
やっぱり、毎日スーツ着て、電車乗って会社で働いていないと、虚業扱いなんです。
(虚業!とは言われませんが、仕事内容を聞かれなかったり、微妙な空気でわかるのです)


でも、私、すごい高い、国民健康保険料を支払ってるんですよー。
毎年海外旅行に行けるような金額。。。今年はヨーロッパ行ける額…( ̄▽ ̄;)
見たら、叔母とか、普通に「えっーー!!」って言う金額ですよ(自分でも叫びそうだ(笑))

退職した親世代が、国保に入ってきて、大した保険料も納めていないので、
私たち現役世代の保険料にモロに跳ね返ってしまいます。
(今話題の年金より、健康保険の方がよほどヤバイと思う件…)

そして、今月は、住民税の支払いが…!!
こんなに税・社保を支払っていて、虚業扱いされるのは、あんまりだと思う今日この頃…。


個人事業税を払うのが夢だった…


今度会ったら「税務署に開業届出してる」とかじゃなく(多分、これじゃ、意味通じない筈w)
「個人事業税も支払ってる」って言おうと思いますっ!

「事業」に関する「税金」まで払っていると知ったら、
ようやく「ちゃんと仕事してるんだね」という反応になる筈…(淡い期待)


何かこれを支払ってようやく、個人事業主として、一人前のような気がするので…
それとも、やはり、虚業扱いに変わりはないのかな…。
(後日、結果を記事にしたいと思います)

まぁ頭の古い親戚は、どこまで行っても、無理解な気もしますが、
友人や後輩は、理解してくれると思います。

そういう意味では、個人事業税が、私に自信をくれるのかもしれません(はぁ?)

いずれにせよ、同居家族が理解してくれているだけ、私は幸せ者ですね。。
というわけで、
喜んで、払わせて頂きます(涙目)笑