株式市場は続落に見舞われています


株価が大きく下がっています。
当然、投資信託も下がっています。
日経平均もNYダウもS&P 500も続落に見舞われています。

理由は誰の目にも明らかなように、新型肺炎によるパンデミックです。

対岸の火事と思われていた時は、日本中が恐怖に包まれる中でも
米市場は意外と安定していましたが、
欧米にも感染者が広がっている…となると話は別で、一気に下がりました。

ちなみに、米国は即座に金利を下げて、何とか株価を支えようとしましたが
日本はもうこれ以上利下げできませんから、景気浮揚策が打てません。
(消費税減らせと言う方がいますが、そもそも今は消費する機運ではないので、
消費税減らしても景気浮揚しないでしょ…)

もしかしたら、現状のマイナス金利をもっと下げる…可能性もありますが
銀行が苦しみます。銀行株の異様な下げは、単純な需要不足ではなく、
これらを織り込んだものと考えます。


個別株をどのように扱うべきか


ただ、株価や投資信託が下がっていると言っても、
日経が1万円を割っていた頃を思えば、その頃に購入した株は
まだ含み益を持っている状態です。

つまり「直近の高値からは暴落しているが、特別に安いわけではない」状態です。

ですから「バーゲンセールだ、追加投資だ」と考えるのは早計です。

パンデミックがいつ収束するか読めないわけですから、
「今が底」だと思っても、2番底、3番底…となって、
何度も底割れするリスクがあります。

では、株や投資信託を買っている人はどうすれば良いか。

基本的には、今、売ったら損します。
ただ個別株と、投資信託では、決定的な違いがあります。

それは個別株はリターンが大きい代わり、リスクも大きく、
最悪倒産して紙くずになる恐れがある、という事です。
つまり、個別株をどのように扱うかは、あなた次第です。

致命的な下げや、倒産を恐れて、僅かでも利確してしまうか、
損切りするか、ホールドするか
これらの判断を自分で下すのが、個別株投資家の宿命です。

つまり、この記事でできるアドバイスはありません。


※利確=利益確定売り
※損切り=運用損の状態だがこれ以上の損失を避けて売る事
※ホールド=売らずに持ち続ける


投資信託は、絶対に売ってはいけない、積立継続を


逆に、投資信託を積み立ててきた方は、絶対に売ってはいけません。
下がっても、下がっても、売ってはいけません。
積立を休んだり、積立設定を解除してはいけません。

淡々と積み立てて下さい。

投資信託を積み立てている場合、
「①保有数量(口数)* ②基準価額」と「③平均取得価額と④基準価額の比率」
で決まりますから、
● 口数を増やす事
● 平均取得価額を下げる事
で、極めて有利になります。

つまり、下落時にも積立設定を解除しない事で、
同じ金額を積み立てているのに、沢山買える(口数が増える)
 +
安く買える(平均取得価額が下がる)わけです。

これで、③平均取得価額の安い、①投信の口数が増えます、
上記②と④の関係に当てはめてみて下さい。


つみたてNISAを受け取るのは20年後、今の乱高下は関係なし


今年初めて「つみたてNISAにチャレンジした」という方は
1月より2月、3月で、どんどん下がって不安かもしれませんが
あなたが、1本目のつみたてNISAを受け取るのは20年後です。

今の乱高下中でも何もしなくて構いません。

他にも楽天カード投資など、投信の積立設定がある方は
それを解除しないで下さい。

上がった時も下がった時も、淡々と積み立てる事をドルコスト平均法と
言います。

これは「私たちは相場を読めない」という事を認めざるを得ないからです。

騰がったからと言って、積立設定を解除すると、元金が増えませんし、
逆に下がったからと言って、怖くなって積立を止めたら、
「安い時に口数を増やす」事ができなくなりますから
積立設定を触らずに、コツコツと同額を積み立てていくという事です。

そして10年、20年後(もっと長期でもOK)に
大きな果実を手に入れられるでしょう、という投資方法です。

積立投資は、数年で手放すようなものではありませんし、してはいけません。

20年間ホールドする「つみたてNISA」が良い見本ですが、
時間を味方にして、長い年月をかけて資産形成を目指すものです。


まとめ


トランプ大統領が非常事態宣言をしました。
コロナ問題が落ち着くまで、数か月ないしは数年かかるかもしれません。

つまり、今は相場の先行きが読めません。

個別銘柄は、おしなべてお安くなっていますから、一見「買い場」に見えますが
底割れリスクだけでなく、当該企業が倒産する可能性もありますので
個別株への投資は、私には判断できかねます。
優待狙いの1株買い等なら、いいかもしれませんね(私も買う予定です)

つみたてNISAを始めとする、投信積立は、今、決して売ってはいけません。
積立設定の解除もしない事です。

尚、平均取得価額を下げる為、積立投資以外に、スポット買いをすべきか?
ですが、今の状況ではさらに下落する可能性もある為、なんとも言えません。

ただ、この間まで、14000円台だったものが10000円台で買えるのですから、
平均取得価額を下げる事には貢献します。

もっと下がった時に「買うんじゃなかった」と後悔しない自信があるなら、
買ってもいいでしょう。
(基本的には、スポット買いについては、誰も正解を言えない筈ですから
自分で判断するしかないです)

淡々と積立の継続をしましょう、とだけお伝えしておきます。


投資の良書案内


つみたてNISAの勉強3.png


下げ相場の時に、積立設定を解除したり、最悪の場合、投信を狼狽売りして
しまう方が一定数いらっしゃいます。
特に始めたばかりの方は、怖くて仕方ないかもしれませんね。

それを補うには、本当に、勉強するしかないのです。
今まで投資について、何の勉強もしていない上、何の経験もないわけですから。
殆どの人は知識と経験の両方が不足しています。

複数の本を読んで、それらの本で共通に語られている事、
それを本当に理解できた時、投信の狼狽売りの誘惑から逃れられるでしょう。



Kindle(電子書籍)の方が安いです、最新の価格はリンク先でご確認下さい。

※この本のオススメポイント※
Q&A形式で、易しい本です。
著者は楽天証券に記事を寄稿されたりしている、積立投資の達人です。

※株式数比例配分方式で受け取るとか、
つみたてNISAで商品の途中変更はできるのかとか
金融機関を変更する事はできるのかとか、
実に細やかかつ、大変重要な事が列記されています。

わからない事に殆どが掲載されている筈です。
是非お手元に置いて、ご参考になさってください。