一気にその気になった書籍、中野さんはスゴイ


セゾン投信の中野さんの事は、投信に詳しい方なら名前くらいは
聞いた事がある筈です。

私もつみたてNISAができる前から、セゾン投信の事は気になっていました。
気になっていたけれど、なんだか、投資信託など、遠い世界の話のようで、
手付かずではありました。

でも、つみたてNISAが開始される頃、本屋さんの一番目立つ所に置かれていたのが
中野さんの本でした。

知らずに手に取ったわけですが、
「あー、あの噂のセゾン投信の人か…!」
とすぐに気付きました。

そして
「ふむふむ。やっぱり、つみたてNISAは絶対やらないとなー」
一気に「その気」にさせられた記憶があります。


「この本を読んだら、絶対につみたてNISA、やりたくなるよ!」


ちなみに私が買っている投資信託は、セゾン投信の商品ではありません。
色々な本を読み、最終的に選んだ商品は、信託報酬などが最安値の商品です。

この本のP86~P87で紹介されているアクティブファンドは
私の買っているものより「信託報酬などが高い」ので、私は選びませんでした。

でももし「この本しか読んでいなかった」ら、
間違いなく、セゾングロバラとセゾン達人ファンドを選んでいたと思います。
(中野さんは、セゾン投信の方なので…)

それ位、つみたてNISAの魅力を余すところなく、説明されています。
すごい営業トークだなと、素直に感心します。

積立投資をした事がない私に
「これは、やらないと損する!」と焦らせる程、その気にさせてくれたたわけですから、
中野さんには感謝しています。


購入する投資信託は別がオススメですが、本はガチでオススメ!


セゾングロバラとか、本当に有名で、つみたてNISAが導入される前から
投信を購入していた方の多くが、投資していたかと思います。

つみたてNISAは、金融庁が選びに選んだ、投資信託しかありませんので、
どれを選んでも、銀行の店頭で買うよりは、ずっと良いわけです。
(殆どの投資信託が、つみたてNISAの対象から外されています)

そういう意味では、金融庁は、本当によく絞り込んだな、と思いますし、
素晴らしい仕事ぶりに、素直に敬意を表したいです。

ですから、セゾン投信を押しまくる、この本だけを読んで、
購入する投資信託を決定するのは早計ですが

● とても平易な文章で書かれている
● やりたいけど怖い、まだ迷っている方の背中を一押し!

という事から、臆病なあなたにオススメしたい書籍の筆頭ではあります。


「投資信託」という言葉を聞くのも嫌、みたいな方は一読の価値あり


つみたてNISAの勉強4.png


この本は、私が、何も知らない頃に読んだ本です。
付箋がいっぱいです。

今、その付箋の箇所を読み返すと、とても基本的な事が書かれていて
「あれ、こんな所にまで!」
と自分の無知に笑ってしまうわけですが、それ位、未知の世界だったのです。

繰り返しになりますが、
ここに掲載されている、つみたてNISAの投資信託は、
やはり少し信託報酬が高いので、私なら買いません。

でも、銘柄選び「以外」の部分、
特に、思い込みで、「投信=損する」といった、
つみたてNISAが出来る以前のイメージで、
「投資信託」という言葉を聞くのも嫌、みたいな方は一読の価値があります。


知識を増やし、納得して理解して積立投資を始めるべき


あなたの長い投資人生の中で、相場の乱高下に耐えられかどうかは
ほぼ「知識」に掛かっています。

私がここで、証券口座の開設方法と、選ぶべき投資銘柄を書いて終わると、
きっと、暴落時に耐えられないと思うのです。

納得して理解して開始すべきです。
そうしたら、今月の含み損など、今気にする事ではないとわかります。

あなたは個別銘柄に投資するのではなく、インデックスファンドに投資するのですから
短期の相場の乱れに一喜一憂する必要はないわけです。

何故、ずっと、「つみたてNISAの勉強シリーズ」を書いているかと言うと
私がたどった道だからです。
しっかり勉強したから、私は、怖くありません。
寧ろ楽しいです。

わけがわからないまま開始して、
「ぇ、何か下がってる?損してる?もう嫌だ、怖い、売ってラクになりたい」
みたいな流れで狼狽売りとか、絶対にして欲しくないので…。


投資の良書案内


つみたてNISAを始める前に読みました。
結局、選んだ投信の銘柄はセゾン投信のものではありませんでしたが、
中野さんの営業トークは素晴らしく、
投信なんて怖いなと思っていた私を一気にその気にさせてくれました。



リンク先で、Kindle版も選択できます。