コロナ禍で、私は売り時を逃しました。


藤沢数希さんの金融日記(note)の読者は
コロナ禍の前に、株や投信を利確したようです。

ただ、短期で相場が戻ってしまった事で、
逆に藤沢さんの読者は、売却後、買い戻しできなかった方が
多かったようです。

私は…と言うと、そもそも「利確」できませんでした。
最初に「コロナで騒いでいる割に意外と下がらないな…」と思ったのもありますが、
「積立中は絶対に売ってはならない」と思い込んでいたので、
もう完全に思考停止でした。

※これはあくまで、特定口座の話で、つみたてNISAは「非課税枠」の問題もあり
売るべきではありません。



下がるとわかっていても、売ってはいけないと思い込んでしまった


コロナ禍が始まった直後の、藤沢さんは極めて悲観的で、
私は読みながら震えました。

後で「ああ確かに、ここまでハッキリと下落が予想できる展開では
売ってしまうべきだったんだな」と思いました。

絶対に上がるとか下がるとか、多少は読めても、
どこまで下がるかは読めないのが通常ですが、
さすがにパンデミック状態に陥れば、尋常ではない下落が予想できます。

「ここまで下がるとは予想できなかった」という投資ブログもお見受けしますが
それは集めている情報源が違っただけで、
藤沢さんのnoteを読んでいた私は、ものすごく下がると確信していました。

それでもドルコスト平均法に毒された私は、売る事ができませんでした。


売り時、買い時の両方を見極める事は困難


金融日記読者は、コロナ禍への評価がスーパーネガティブだった為、
破滅的に下がる事を予想し、リスク資産を売却できた。

但し、その分、短期間での相場の戻しは想定できず、
買い戻し局面では出遅れたのではないかという事です。

高い時売却できても、低い時に買い戻しできなければ、トータルで
大して得しない…つまり、売却時は適切でも、購入時期は逃した…とも言え、
両方を上手くやる事は、インデックス投資家では無理だったようにも思われます。

デイトレで鍛えた人なら、両方できたかもしれません…
そう思うと、リスクを取りなれているかどうかで差が出た気もします。
大きなリスクを負うとは、損も経験しなければならず、多くの人には難しいでしょう。

そうなると、結局は、多くの人にとっての最適解は、
淡々とドルコスト平均法で積立てる事、としか言いようがないですね。

この辺りは、個人の投資経験の多寡によって、違ってきます。
少なくとも私は、売り時は逃しました。個別銘柄も含め、1円も売っていません。


追加投資の経験は豊富な私…


ただ私は、追加投資はできました。
投資ブロガーやYouTuberが「積立継続のみ、何もするな」と仰っていましたが
私は、追加投資に踏み切りました。


何故できたかと言うと、過去に何度も、相場が下げる度に少しずつ
投信の購入額を増やした事があったからです。

つまり
「絶対に相場が下落する!」とわかっていても、未経験で売却できなかったのに
「よーし、下がったから、買い増ししよう!」
の方は、何度も経験済みだったので、容易にできたわけです。

勿論、今振り返ってみれば、
最適解は、
「2月20日前後に全て売却(NISA除く)…下落した3月20日前後に全て買い戻す」です。

完璧を記せば「2月21日に売却。3月24日に買い戻し」ですが、数日のズレは仕方ありません。


但し、本当の底か?は確信できず。


私ができた事は、
「3月下旬にかけて複数回の買い増しのみ」ですが、買い増しできなかった人より
随分得をしました。

でも、下落するとわかっていながら売却できなかった為、パフォーマンスは
言う程、よくありません。

理由は、いくら底値で買い増ししても、高値で購入していた投信が沢山あると
平均取得価額がそれほど下がらないからです。
※今まで購入していた投信の倍額くらい買い増しできれば、違ったでしょうが。

それができなかったのは、
3月下旬あたりで「これが本当の底なのか?」がわからなかったからです。
ですから、買い増し額は、倍額でも良かったのではないかと後悔しています。


資本主義の危機?!とまで思い詰めた…


投資ブログや配信記事を読んでいても、「2番底、3番底が来る」とも言われて
いましたし(終息していない以上、それは今でも、否定できません。)

経済活動が止まるわけですから、実体経済の悪化は、
誰の目にも明らかで、欧米の感染者も急増した状況でした。

落合さんの動画とか見ていて、もう資本主義は終わるんじゃないかとさえ
思い詰めた日もありました。

そんな精神状態では、全力で買い増しできませんでした。
心の片隅で「たとえ2番底、3番底が来て、最安値で買えなかったとしても
今、驚くほど安いのだから、今買っておけば、必ず、元に戻る」と
わかっているのに…。

「底割れリスク」とかではなく、資本主義の危機なんだ
と思いつめた私は、余力を残す形で買い増しを終えました。



今のポートフォリオ


つみたてNISAは、家族の分も含め、一切、触っていません。
淡々と積立を継続しただけです。(既に微増に転換済み)

ただ、つみたてNISAは、これから20年近くホールドするわけで
今日現在の数字に、ほぼ意味はありません。

(読者様が、万が一にも、売却してしまうような事がないように、
敢えて、記載させて頂きました)

特定口座は、追加投資のおかげでつみたてNISAより高パフォーマンスです。


まとめ


誰のメッセージも、自分にとっての最適解とは限らず、
ただ「経験は武器」だとつくづく思いました。


デイトレではなくても、iDecoでスイッチングを繰り返しているような猛者は
「騰がり過ぎれば売却、底値で買い戻し」の「経験」がある為、
3ヶ月の間に、得をされた事と思います。

私だって、売却はできなかったけれど、買い増しはできた理由は
「経験があった」だけですから。

まぁ、売却のリスクを負えなかった点と、追加投資を全力で行えなかった
という反省点は残りましたが。

でも、私の判断を狂わせたのは、パンデミックが心の底から怖かった事
知識層の資本主義が終わるかも…という言葉に震えた事…でしょうかね。

つまり、どういう形で投信を購入していようが、
「究極的には、資本主義の未来を信じている」という幻想に投資している
という事を、身をもって知る機会となりました。