「猛烈な雨」予報の中、お墓参りに行きました。


お墓参り202007141.png


2020年7月14日、お墓参りと、八坂神社のご祈祷の両方に行く事が
できました。

今年は、お彼岸のお墓参りも自粛したので、お墓も参っていません。
八坂神社のご祈祷も、昨年は5月に受けたのに、今年はまだ受けていません。
(八坂神社とお墓はすぐ傍にある為、観光客の影響を受けます)


「くもり」になった瞬間、すぐに行く事に!


お墓参り20200714.png


でも、殆どの地域がそうであるように、今年の梅雨は本当にひどく
毎日、毎日、雨ばかり…。
予報が「猛烈な雨の恐れ」ばかりで、予定が立ちません^^;

お墓参りも神社参拝も、両方とも屋外にいる事になる為、
横殴りの雨が続くと、不安で、毎日憂鬱でした。

でも昼食後、予報が「くもり」に変わったのです。
数珠など、出掛ける準備はしてあったので
慌てて、タクシーに乗りました。


涼しかったので、木々の美しさを味わえました


お墓参り202007142.png


くもりと言っても、時折小雨混じりでしたが、
昼過ぎまで雨が降っていたので、7月と思えない程、涼しかったです。

この道…本当に、うっとりする程、木々の緑が美しいのですが、
ずーーっと坂道で、
この写真の突き当りに見える緑の先も、まだ坂が続いています
(帰りは下り坂ですが)

全く日陰がない為、いつもは、死ぬほど、暑いのです^^;
でも今年は、悪天候のおかげで、
「ああ、何て綺麗なんだろう」と口に出して言ってしまうほど
見とれてしまいました。

この坂道を延々と下がったところに八坂神社があります。


八坂神社はマスク着用必須!


八坂神社はマスク着用必須.png


奇跡的に、殆ど雨に遭わず、先日の八坂神社参拝の時より、
数段涼しく、本当に助かりました。
(先日は気温33度、体感温度38度、マスクで40度以上に感じました)

八坂神社は「マスクをせずに境内入るべからず」という徹底ぶりですが、
今回は、マスクをしていても、すごく風が強かったので、
ありえないほど涼しかったです。


昔の八坂神社…束の間でしたが…。


八坂神社でご祈祷20200714.png


八坂神社をゆっくり参拝できるなんて、この先2度とないかもしれませんね。

京都の観光業や経済の事を考えれば、賑わっている方が良いのでしょうが、
ここ数年、満員電車の中にいるようでしたから…。

神社の中も、観光客らしき方もおられますが
何しろ「降水確率100%」の荒天の予報でしたから、人出は随分マシでした。

本当に、束の間でしたけど(しかも天候も悪かったですけど)
昔の平日の八坂神社に戻ったようでした。

本当に行く事ができて良かった…。


沢山、写真も撮影できました。


美御前社.png


摂社・末社も沢山撮影してきました。
本当に本当に癒されました。空気までオイシイ!

いつもとは順番が逆で、
例年ですと、先にご祈祷を受け、祇園祭の頃にちまきを貰いに
参拝するのですけどね。

こんなに頻繁に参拝したのは、
Go To トラベルキャンペーンが前倒しされると聞いたからです。


疫神社の茅の輪くぐり。茅の輪守りと疫神社御札、御朱印など


疫神社の御札と期間限定の茅の輪守.png


疫神社の茅の輪がまだ掛かっていたので、何とまたくぐる事ができました。
もう本当に
「フフフフフ(怖)」
と、思わず笑みがこぼれる程、嬉しかったです♪

疫神社の御札も勿論、神棚に入っていますが、
普段は、社務所でこちらからお聞きしないと前面には出ていません。
この時期限定なのか、目立つ場所に置いてありました。

あと、期間限定で「茅の輪守」を販売していました。
これは初めて見ましたね。
でも茅の輪は本当に、馴染み深いので、一緒に購入する事にしました。

私は、御朱印は頂きませんでしたが
期間限定で、疫神社の「茅の輪朱印」というのがあります。

私は疫神社が本当に好きで、参拝できただけで癒されました…。


八坂神社で病気平癒のご祈祷を受けました


八坂神社でご祈祷202007141.png


ようやく、病気平癒のご祈祷を受ける事もできました。
例年ですと5月ですが、緊急事態宣言で自粛していましたので。

一緒にご祈祷を受けた方は、あと御一方だけでした。
何と、ご祈祷の間(本殿の中)もマスク着用でした。
本殿内では、祝詞奏上などの神職の方のみ、外しておられます。

御神楽を観る事が出来、感動しました。
家族に「うっとりしていたね」と冷やかされました(笑)
私、御神楽、大好きなんですよ。あの鈴の音や笛の音、巫女さんの装飾も素敵でした。

玉串拝礼は省略でした。
近づくのがいけないのか、手が触れるかもしれないのが良くないのか
わかりませんが、これは仕方ありませんね。
神社によっては、この時期、ご祈祷自体を止めておられる所もありますので…。

病気平癒ですから、頂いた御守りも裏面に「蘇民将来子孫也」と金糸で書いてあります。
この御守りは、ご祈祷を受けないといただけません。
肌身離さず、身に付けています。

今年はお下がりに祇園の水が入っていませんでした。
でも、境内でどなたでも購入する事ができますので、ご希望の方は
ご自身で購入してくださいね。


八坂神社は郵送でのご祈祷・御朱印の発送を受け付けています。


御祈祷及び授与品の発送申し込みのご案内

この度、国内外にて新型コロナウイルスの感染が広がる中、ご参拝が出来ない皆様方の為に「御祈祷・授与品・御朱印」を郵送にて受付させていただきます。

本来ならば、ご参拝いただき御札・御守をお受けいただくことが本義ではございますが、新型コロナウイルスの感染拡大を鑑み、特別に期間限定でご案内させていただきます。

申し込み方法は下記をご参照ください。またお電話でも受付いたしております。

cite:http://www.yasaka-jinja.or.jp/news/2020/04/000240.html


リンク先に電話番号や用紙が載っていますので、
参拝できない方は郵願でお申し込み頂けます。

2020年前半は苦しい事、憂鬱な事が多かったですね。
コロナ禍に豪雨被害…。

一番良い季節を皆でステイホームした事、それが解けると豪雨に悩まされた事
色々ありましたね。
後半は、どうなるのでしょうか。少しでも良くなって欲しいものです。

苦境にある方が、
どうか、お健やかに過ごせますように。。。