Kindle Oasisはとにかく衝撃の薄さ、軽さ!


IMG_2014.jpg


Kindleの電子書籍を読むだけなら、PC、スマホ、タブレットなどで問題なく読めます。

ただ、Amazonには、Kindle電子書籍を読む為だけに最適化されたデバイスが
販売されています。

それが「Kindle」「Kindle Paperwhite」「Kindle Oasis」の3つです。


● 最も人気があるのは、真ん中の価格帯の「Kindle Paperwhite」で、コスパに優れます。
● エントリーモデルの「Kindle」は、「どんな感じかお試ししたいな」という感じかと。
● 最上位モデルが、私の持っている(この記事の画像に使われている)「Kindle Oasis」です。

とにかく、軽量です!188gしかありません。

こんな薄い匿体に、32GB(8GBモデルもあります)もの書籍データが入るなんて!
もう、大学教授の本棚を持ち歩いているようなものです。

良い時代に生まれましたね(笑)
引っ越しを機に、食器棚の1.5倍あった特大の本棚を捨てられたのも
Kindleのおかげです。


手に馴染むデザインで、持っていて疲れない


IMG_2012.jpg


単に薄いだけではなく、
手に馴染む工夫がされているのが、Kindle Oasisの魅力の一つ。

少し厚みのある部分が、しっかり手のひらに収まります。
尚、天地を逆にできますので、左手でも右手でも、自由に持ち替えられます。

左利きの人に優しいというよりは、
右利きの方が、反対側の手で持ちたい時も、好きに持ち替えて使えます。



物理ボタンが、Kindle Oasis購入の決め手でした。


IMG_2011.jpg


Kindleでも、Kndle Paperwhiteでもなく、Kindle Oasisに決めた最大の理由が
この「物理ボタン」です。

このボタンを押すと、ページ送りができるわけです。

(戻る事もできます)
※右手、左手でも、ページ送りを変更できます。

勿論、画面の端をタップして、ページ送りもできるのですが、
片手では、親指が画面端に届かないのです。。

それが、物理ボタンですと、電車の中など、片手しか使えない時
(あるいはベッドの中で、片手しか動かしたくない時)
物理ボタンがある事で、どれほど使い勝手が良い事か!

これ使ったら、他に戻れませんよ(笑)


目に優しいので、就寝前も読書できます、メモ機能もあり


Kindleのメモ機能.png


電子書籍ですけど、気になった事があれば、メモを書き込めて便利です。
書き終わると、小さく畳まれるので、読書の邪魔にはなりません。

えーと、
画像でどこまで伝わるか不明ですが、もはや、完全に画面は「紙」ですよ。

紙の本を読んでいる感覚なので、就寝前の読書に最適です。
これがスマホの明るすぎる画面との決定的な差です。

他のモデルでも、灯りがなくても、LEDライトがあるので読書はできます。
この機種にしかない機能としては、明るい場所でも、
色調調節ライト、明るさ自動調整機能があるので、フツーに読めるというスゴさがあります。

まぁ戸外では読まないかもですが^^;
ただ、この画面の質感は、確実に目に優しいと思います。


専用カバーを付けないと、冬は冷たいです


IMG_2015.jpg


せっかく、防水の上に、超軽量なので、私、普段、カバー付けていないんです。
お風呂で読書も余裕です。

ただ、このカバーも軽いですし、冬は本体が冷たくなるので、カバーは
あった方がいいと思います。

しっかりはまる純正カバーです。


分厚い本こそKindleで!文庫本は文字を大きく出来て便利


Amazonの電子書籍である「Kindle」は、専用端末不要です。
PCでも、スマホでも、iPadなどのタブレットでも読む事が可能です。

髪を乾かす時など、かえって、iPadの方が、画面も大きくて
読みやすいなと思ってしまいます。

ただ、Kindle Oasisは、軽い事、物理ボタンがある事、画面が眩しくないこと
寝転んで読んでも紙の本と違い、画面なので暗くならず読みやすい事
(部屋が真っ暗でも読めます)
など、
● 紙の本の弱点
● iPadなどタブレットの弱点
を全て、補ってくれます。

何しろ、「シン・ニホン」のような紙なら重い本も
電子書籍のような、データで持っていれば、全て同じ重さですよ。

あるいは、文庫の文字が小さくて辛い…場合は、逆に、電子書籍なら
文字をものすごーく大きく拡大して読めるので、
そういう意味では、現役世代だけでなく、高齢の方こそ向いているかも。


(私の母は、矢部太郎の大家さんと僕をKindleで読んでいました(笑)



まとめ


私は贅沢にも最上位モデルのKindle Oasisを買いましたが、
「物理ボタンがある唯一のモデル」でもあり、完全に元を取ったといえる程
物理ボタンを押しまくって、読書しまくりました^^

Kindle Unlimited」(電子書籍読み放題サービス)にも最適です。

<< Kindle >>


最新の価格は、リンク先でご確認下さい。
カラーや、容量、広告の有無などを選べます。
エントリーモデルなので、8Gでお試し…が一番お手頃ですよ。


<< Kindle Paperwhite >>


リンク先で、最新の価格をご確認下さい。
カラーや容量、広告の有無などが選べます。

売れ筋というか、普通、Kindle本体と言ったら、これを差す位、ポピュラーです。


<< Kindle Oasis >>


リンク先で、最新の価格をご確認下さい。
カラーや容量、広告の有無などが選べます。


■ 追記 ■
2021年1月30日 [土] 9時00分~2021年2月1日 [月] 23時59分
Kindleポイントアップキャンペーンで500Pプレゼントが開催されます!

→ キャンペーンページ
をクリックして、「エントリー」を押して、Kindle本体を購入して下さい。

詳しくは「Kindleポイントアップキャンペーンで500Pプレゼント」をお読み下さい。