■ 確定申告&お金の勉強のカテゴリ記事一覧

ポイ活のプロブログです。開業済み。当ブログから登録した方は沢山稼げています。知らないと損するポイントサイト経由&楽天、Amazonで一番得する方法。

  • ホーム
  • »
  • ■ 確定申告&お金の勉強

カテゴリ:■ 確定申告&お金の勉強

高市早苗は経済センスがない。金融所得税増税は消費増税に繋がり逆進性がより進む件※追記アリ

高市さんの気になる政策について


高市早苗さんと言えば、夫婦別姓反対の人、というイメージでした。
女性の敵?と感じる人もいらっしゃるのでは。

でも私は夫婦別姓問題にそこまで興味がないので、そこはどうでもいいのです。

問題は、この方が
「金融所得税制については「逆進性」が大きいので、
50万円以上の金融所得の税率を現状の20%から30%に引き上げたい」
と仰っている事です。

皆、等しく貧乏になろう!という考えの典型ですね。

金融所得50万円で増税なんて、経済センスのなさに本当に笑ってしまいます。
桁一つ違うならともかく…。


日本は内需の国。内需は大多数の庶民が支えている


近視眼的な人気取りは、
人口減少による内需縮小が目に見えている日本の将来をつぶします。

金融所得税に逆進性があるという主張は、
(確かに一定以上になるとその通りですが)
たった50万円の金融所得には、全く該当しないと思います。

内需は大多数の庶民が支えます。
これからつみたてNISAを頑張ろうとしているような人たちです。

老後の個人消費(内需)を極端に減らさない為にも、
むしろ、NISAの限度枠を増やすべきかもしれません。
※NISAには金融所得税がかかりませんので。

50万円以内と言うと…配当所得は避けられませんが
(個別銘柄の買い控えは招くでしょう)
それより恐ろしいのは、
せっかく貯めた含み益を、できるだけ50万以内しか下ろさないようにする心理が働き、
みんな使えるお金があるのに質素に暮らし、致命的な内需縮小へとつながるという事です。


内需縮小は消費税収減に直結。けっか、消費税率を上げる事に


こうなると、
「金融所得なんてないから関係ないや」と思っている層にも影響が出ます。

お金を使えない(内需縮小)は、消費税収の落ち込みに直結します。
すると、消費税率を上げるしかなくなります。

金融所得がない層へも影響が出ます。

つまり逆進性を改めるつもりが、余計に逆進性が強まるという事です。

相続税を庶民から取れるようにしましたが、
金融所得税も庶民から取ろうとすると、
より貧しい層に「消費税率を上げる」という形になって襲い掛かります。


人気取り政治家に注意しよう


金融所得税については、
ここでは名前をあげませんが他の政治家さんも言及しています。

今、金融所得がない人にとっては、
「金持ちから取れ!」という言葉は魅力的です。
人気が出るのもわかります。

金融所得50万円は、私もありませんから関係ないです。
つまり今の私には痛くもかゆくもない話です。

でも少し考えたらわかりますが
将来、働けなくなったら「年金+貯金など金融資産」で暮らす事になります。

ここで、投信を売却したお金に多額の税金が掛かるとなると
自然と、できるだけ売却金額を減らし、質素に暮らそうという意識が働きます。

内需で景気が決まるのに、
大多数の庶民が「何も買わない、どこも行かない」と思った時、
結局、消費税率を上げるしかなくなります。

一過性の人気取りの政治家さんには注意しましょう、お互いに。。


追記:高市早苗さん、金融所得課税増税を否定


批判された、高市さんは
「物価安定目標2%」を達成するまではほとんどの増税は無理というお考えで
金融所得課税の増税も無理と発言されました。

朝令暮改でいいと思います。
サナエノミクスというからには、金融所得課税の増税なんて矛盾してますものね。

河野さんの年金を税金で、もどれだけ増税になるのか?って
高市さんがせめてましたね。まぁ誰でも同じ疑問を持ちますけどね。

落合さんとの対談なども聞いてみましたが、
話がわかりやすいし説明上手で好感度アップでした。

私が誰を秘かに応援しているかは伏せますが
高市さんを嫌う理由はなくなりました。



【確定申告】小規模企業共済の前納減額金を引いて計上の事

確定申告終わりました。


税務署から確定申告をして下さいというハガキが届いた時は
3月15日までと記載があったのですが、
その後緊急事態宣言の発令などもあり
年明けすぐに一か月延長されました。

それでちょっとホッとしたのもあり、
家族が怪我をしてしまい、諸事多忙だったりもあり、
もう4月でいいっか
と思ってしまうところでした(笑)

家族の調子も少し戻ったので、
重い腰をあげてやってみました。


確定申告のコツは事前に完璧に準備するだけ!


まぁアレですよ。慣れですよ。
医療費フォームも予め入力済みでしたし、
控除関係の証明書を用意するだけでなく、きっちり
計算しておく。

売上と経費の事は年初から必死なのに、
控除って証明書さえなくさなければOKという感じになりがちですよね。

でも、確定申告をすぐに終わらせたかったら、控除関係も
全て計算してからとりかかるのが一番ストレスなく進みます。

私も結構サクサクいきました。
…いった筈でした(汗


小規模企業共済掛金の前納減額金、引きましたか?


面倒には違いないですが、何とかできた!
と思った瞬間、ふと、
「小規模企業共済掛金の所得控除の証明について」
というハガキの半分(左半分は提出側)に目が行って…

「あああ!
「掛金月額×払込月数ー前納減額金」だったー。。
引くの忘れた…。。そのまま入力しちゃった…」
となって、焦りました。

ほんと、提出直前で気づいて良かったです。


前納減額金は、一括前払いの方が貰えます。


前納減額金というのは、
毎月払いではなく、年額を一括前払いにしている人の「割引金」
の事です。

ここ数年、減額金なんてあったのでしょうか?
(もしや、引き忘れてたらどうしましょう^^;)
去年は確かに、減額金の入金がありました。

だからその時、覚えていたのに、
何故、肝心の確定申告の際に思い出さなかったのだろう…

国民健康保険や年金は、端数が出ますからね、
絶対覚えていられないので、しっかりチェックして入力するのですけど、
小規模企業共済って、上限を一括払いにしているので
「84万円」って思いこんでるんですよね。


自分あての覚書(笑)


悲しかった…仕上がったと思った瞬間に気付いた…
私のバカバカバカっっ!

そんなわけで、
今年(というか来年確定申告する際)忘れないように
「小規模企業共済で前納減額金がかえってきた時は
必ず、その金額を引いた額を小規模共済の控除欄に入力する事!」

…自分あてのメモです(笑)

まだ確定申告が終わっていない方、
頑張って下さいね。

今年初めてチャレンジされる方、
4月15日までですので、まだ大丈夫です。
でもできるだけお早目に…。。


※Amazonオススメリンク集※
100円から購入可能・Amazonギフト券チャージタイプ(人気商品)New!
今すぐ使えるクーポン一覧
定期おトク便のクーポンをチェック
いま人気の定期おトク便一覧
赤ちゃんのいる方・子育て中の方が得するページ
ペットフード・ペット用品10%オフになるページ

※重要ページ※
あなたの定期おトク便の割引率を一発で確認できるページ

※どうしてもわからない・困った時の問い合わせ先※
● チャットで問い合わせる時は…
→ https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/contact-us/ref=hp_gt_nmhcu
● 電話で問い合わせる時(24時間電話対応)は…
→ https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/contact-us?ref_=cu_csp_phone_button&from=gp&source=csp&_encoding=UTF8

投資判断は、知識があっても、経験がないと生かせない。

コロナ禍で、私は売り時を逃しました。


藤沢数希さんの金融日記(note)の読者は
コロナ禍の前に、株や投信を利確したようです。

ただ、短期で相場が戻ってしまった事で、
逆に藤沢さんの読者は、売却後、買い戻しできなかった方が
多かったようです。

私は…と言うと、そもそも「利確」できませんでした。
最初に「コロナで騒いでいる割に意外と下がらないな…」と思ったのもありますが、
「積立中は絶対に売ってはならない」と思い込んでいたので、
もう完全に思考停止でした。

※これはあくまで、特定口座の話で、つみたてNISAは「非課税枠」の問題もあり
売るべきではありません。



下がるとわかっていても、売ってはいけないと思い込んでしまった


コロナ禍が始まった直後の、藤沢さんは極めて悲観的で、
私は読みながら震えました。

後で「ああ確かに、ここまでハッキリと下落が予想できる展開では
売ってしまうべきだったんだな」と思いました。

絶対に上がるとか下がるとか、多少は読めても、
どこまで下がるかは読めないのが通常ですが、
さすがにパンデミック状態に陥れば、尋常ではない下落が予想できます。

「ここまで下がるとは予想できなかった」という投資ブログもお見受けしますが
それは集めている情報源が違っただけで、
藤沢さんのnoteを読んでいた私は、ものすごく下がると確信していました。

それでもドルコスト平均法に毒された私は、売る事ができませんでした。


売り時、買い時の両方を見極める事は困難


金融日記読者は、コロナ禍への評価がスーパーネガティブだった為、
破滅的に下がる事を予想し、リスク資産を売却できた。

但し、その分、短期間での相場の戻しは想定できず、
買い戻し局面では出遅れたのではないかという事です。

高い時売却できても、低い時に買い戻しできなければ、トータルで
大して得しない…つまり、売却時は適切でも、購入時期は逃した…とも言え、
両方を上手くやる事は、インデックス投資家では無理だったようにも思われます。

デイトレで鍛えた人なら、両方できたかもしれません…
そう思うと、リスクを取りなれているかどうかで差が出た気もします。
大きなリスクを負うとは、損も経験しなければならず、多くの人には難しいでしょう。

そうなると、結局は、多くの人にとっての最適解は、
淡々とドルコスト平均法で積立てる事、としか言いようがないですね。

この辺りは、個人の投資経験の多寡によって、違ってきます。
少なくとも私は、売り時は逃しました。個別銘柄も含め、1円も売っていません。


追加投資の経験は豊富な私…


ただ私は、追加投資はできました。
投資ブロガーやYouTuberが「積立継続のみ、何もするな」と仰っていましたが
私は、追加投資に踏み切りました。


何故できたかと言うと、過去に何度も、相場が下げる度に少しずつ
投信の購入額を増やした事があったからです。

つまり
「絶対に相場が下落する!」とわかっていても、未経験で売却できなかったのに
「よーし、下がったから、買い増ししよう!」
の方は、何度も経験済みだったので、容易にできたわけです。

勿論、今振り返ってみれば、
最適解は、
「2月20日前後に全て売却(NISA除く)…下落した3月20日前後に全て買い戻す」です。

完璧を記せば「2月21日に売却。3月24日に買い戻し」ですが、数日のズレは仕方ありません。


但し、本当の底か?は確信できず。


私ができた事は、
「3月下旬にかけて複数回の買い増しのみ」ですが、買い増しできなかった人より
随分得をしました。

でも、下落するとわかっていながら売却できなかった為、パフォーマンスは
言う程、よくありません。

理由は、いくら底値で買い増ししても、高値で購入していた投信が沢山あると
平均取得価額がそれほど下がらないからです。
※今まで購入していた投信の倍額くらい買い増しできれば、違ったでしょうが。

それができなかったのは、
3月下旬あたりで「これが本当の底なのか?」がわからなかったからです。
ですから、買い増し額は、倍額でも良かったのではないかと後悔しています。


資本主義の危機?!とまで思い詰めた…


投資ブログや配信記事を読んでいても、「2番底、3番底が来る」とも言われて
いましたし(終息していない以上、それは今でも、否定できません。)

経済活動が止まるわけですから、実体経済の悪化は、
誰の目にも明らかで、欧米の感染者も急増した状況でした。

落合さんの動画とか見ていて、もう資本主義は終わるんじゃないかとさえ
思い詰めた日もありました。

そんな精神状態では、全力で買い増しできませんでした。
心の片隅で「たとえ2番底、3番底が来て、最安値で買えなかったとしても
今、驚くほど安いのだから、今買っておけば、必ず、元に戻る」と
わかっているのに…。

「底割れリスク」とかではなく、資本主義の危機なんだ
と思いつめた私は、余力を残す形で買い増しを終えました。



今のポートフォリオ


つみたてNISAは、家族の分も含め、一切、触っていません。
淡々と積立を継続しただけです。(既に微増に転換済み)

ただ、つみたてNISAは、これから20年近くホールドするわけで
今日現在の数字に、ほぼ意味はありません。

(読者様が、万が一にも、売却してしまうような事がないように、
敢えて、記載させて頂きました)

特定口座は、追加投資のおかげでつみたてNISAより高パフォーマンスです。


まとめ


誰のメッセージも、自分にとっての最適解とは限らず、
ただ「経験は武器」だとつくづく思いました。


デイトレではなくても、iDecoでスイッチングを繰り返しているような猛者は
「騰がり過ぎれば売却、底値で買い戻し」の「経験」がある為、
3ヶ月の間に、得をされた事と思います。

私だって、売却はできなかったけれど、買い増しはできた理由は
「経験があった」だけですから。

まぁ、売却のリスクを負えなかった点と、追加投資を全力で行えなかった
という反省点は残りましたが。

でも、私の判断を狂わせたのは、パンデミックが心の底から怖かった事
知識層の資本主義が終わるかも…という言葉に震えた事…でしょうかね。

つまり、どういう形で投信を購入していようが、
「究極的には、資本主義の未来を信じている」という幻想に投資している
という事を、身をもって知る機会となりました。


つみたてNISAの勉強シリーズ~その4

一気にその気になった書籍、中野さんはスゴイ


セゾン投信の中野さんの事は、投信に詳しい方なら名前くらいは
聞いた事がある筈です。

私もつみたてNISAができる前から、セゾン投信の事は気になっていました。
気になっていたけれど、なんだか、投資信託など、遠い世界の話のようで、
手付かずではありました。

でも、つみたてNISAが開始される頃、本屋さんの一番目立つ所に置かれていたのが
中野さんの本でした。

知らずに手に取ったわけですが、
「あー、あの噂のセゾン投信の人か…!」
とすぐに気付きました。

そして
「ふむふむ。やっぱり、つみたてNISAは絶対やらないとなー」
一気に「その気」にさせられた記憶があります。


「この本を読んだら、絶対につみたてNISA、やりたくなるよ!」


ちなみに私が買っている投資信託は、セゾン投信の商品ではありません。
色々な本を読み、最終的に選んだ商品は、信託報酬などが最安値の商品です。

この本のP86~P87で紹介されているアクティブファンドは
私の買っているものより「信託報酬などが高い」ので、私は選びませんでした。

でももし「この本しか読んでいなかった」ら、
間違いなく、セゾングロバラとセゾン達人ファンドを選んでいたと思います。
(中野さんは、セゾン投信の方なので…)

それ位、つみたてNISAの魅力を余すところなく、説明されています。
すごい営業トークだなと、素直に感心します。

積立投資をした事がない私に
「これは、やらないと損する!」と焦らせる程、その気にさせてくれたたわけですから、
中野さんには感謝しています。


購入する投資信託は別がオススメですが、本はガチでオススメ!


セゾングロバラとか、本当に有名で、つみたてNISAが導入される前から
投信を購入していた方の多くが、投資していたかと思います。

つみたてNISAは、金融庁が選びに選んだ、投資信託しかありませんので、
どれを選んでも、銀行の店頭で買うよりは、ずっと良いわけです。
(殆どの投資信託が、つみたてNISAの対象から外されています)

そういう意味では、金融庁は、本当によく絞り込んだな、と思いますし、
素晴らしい仕事ぶりに、素直に敬意を表したいです。

ですから、セゾン投信を押しまくる、この本だけを読んで、
購入する投資信託を決定するのは早計ですが

● とても平易な文章で書かれている
● やりたいけど怖い、まだ迷っている方の背中を一押し!

という事から、臆病なあなたにオススメしたい書籍の筆頭ではあります。


「投資信託」という言葉を聞くのも嫌、みたいな方は一読の価値あり


つみたてNISAの勉強4.png


この本は、私が、何も知らない頃に読んだ本です。
付箋がいっぱいです。

今、その付箋の箇所を読み返すと、とても基本的な事が書かれていて
「あれ、こんな所にまで!」
と自分の無知に笑ってしまうわけですが、それ位、未知の世界だったのです。

繰り返しになりますが、
ここに掲載されている、つみたてNISAの投資信託は、
やはり少し信託報酬が高いので、私なら買いません。

でも、銘柄選び「以外」の部分、
特に、思い込みで、「投信=損する」といった、
つみたてNISAが出来る以前のイメージで、
「投資信託」という言葉を聞くのも嫌、みたいな方は一読の価値があります。


知識を増やし、納得して理解して積立投資を始めるべき


あなたの長い投資人生の中で、相場の乱高下に耐えられかどうかは
ほぼ「知識」に掛かっています。

私がここで、証券口座の開設方法と、選ぶべき投資銘柄を書いて終わると、
きっと、暴落時に耐えられないと思うのです。

納得して理解して開始すべきです。
そうしたら、今月の含み損など、今気にする事ではないとわかります。

あなたは個別銘柄に投資するのではなく、インデックスファンドに投資するのですから
短期の相場の乱れに一喜一憂する必要はないわけです。

何故、ずっと、「つみたてNISAの勉強シリーズ」を書いているかと言うと
私がたどった道だからです。
しっかり勉強したから、私は、怖くありません。
寧ろ楽しいです。

わけがわからないまま開始して、
「ぇ、何か下がってる?損してる?もう嫌だ、怖い、売ってラクになりたい」
みたいな流れで狼狽売りとか、絶対にして欲しくないので…。


投資の良書案内


つみたてNISAを始める前に読みました。
結局、選んだ投信の銘柄はセゾン投信のものではありませんでしたが、
中野さんの営業トークは素晴らしく、
投信なんて怖いなと思っていた私を一気にその気にさせてくれました。



リンク先で、Kindle版も選択できます。

つみたてNISAの勉強シリーズ~その3

株式市場は続落に見舞われています


株価が大きく下がっています。
当然、投資信託も下がっています。
日経平均もNYダウもS&P 500も続落に見舞われています。

理由は誰の目にも明らかなように、新型肺炎によるパンデミックです。

対岸の火事と思われていた時は、日本中が恐怖に包まれる中でも
米市場は意外と安定していましたが、
欧米にも感染者が広がっている…となると話は別で、一気に下がりました。

ちなみに、米国は即座に金利を下げて、何とか株価を支えようとしましたが
日本はもうこれ以上利下げできませんから、景気浮揚策が打てません。
(消費税減らせと言う方がいますが、そもそも今は消費する機運ではないので、
消費税減らしても景気浮揚しないでしょ…)

もしかしたら、現状のマイナス金利をもっと下げる…可能性もありますが
銀行が苦しみます。銀行株の異様な下げは、単純な需要不足ではなく、
これらを織り込んだものと考えます。


個別株をどのように扱うべきか


ただ、株価や投資信託が下がっていると言っても、
日経が1万円を割っていた頃を思えば、その頃に購入した株は
まだ含み益を持っている状態です。

つまり「直近の高値からは暴落しているが、特別に安いわけではない」状態です。

ですから「バーゲンセールだ、追加投資だ」と考えるのは早計です。

パンデミックがいつ収束するか読めないわけですから、
「今が底」だと思っても、2番底、3番底…となって、
何度も底割れするリスクがあります。

では、株や投資信託を買っている人はどうすれば良いか。

基本的には、今、売ったら損します。
ただ個別株と、投資信託では、決定的な違いがあります。

それは個別株はリターンが大きい代わり、リスクも大きく、
最悪倒産して紙くずになる恐れがある、という事です。
つまり、個別株をどのように扱うかは、あなた次第です。

致命的な下げや、倒産を恐れて、僅かでも利確してしまうか、
損切りするか、ホールドするか
これらの判断を自分で下すのが、個別株投資家の宿命です。

つまり、この記事でできるアドバイスはありません。


※利確=利益確定売り
※損切り=運用損の状態だがこれ以上の損失を避けて売る事
※ホールド=売らずに持ち続ける


投資信託は、絶対に売ってはいけない、積立継続を


逆に、投資信託を積み立ててきた方は、絶対に売ってはいけません。
下がっても、下がっても、売ってはいけません。
積立を休んだり、積立設定を解除してはいけません。

淡々と積み立てて下さい。

投資信託を積み立てている場合、
「①保有数量(口数)* ②基準価額」と「③平均取得価額と④基準価額の比率」
で決まりますから、
● 口数を増やす事
● 平均取得価額を下げる事
で、極めて有利になります。

つまり、下落時にも積立設定を解除しない事で、
同じ金額を積み立てているのに、沢山買える(口数が増える)
 +
安く買える(平均取得価額が下がる)わけです。

これで、③平均取得価額の安い、①投信の口数が増えます、
上記②と④の関係に当てはめてみて下さい。


つみたてNISAを受け取るのは20年後、今の乱高下は関係なし


今年初めて「つみたてNISAにチャレンジした」という方は
1月より2月、3月で、どんどん下がって不安かもしれませんが
あなたが、1本目のつみたてNISAを受け取るのは20年後です。

今の乱高下中でも何もしなくて構いません。

他にも楽天カード投資など、投信の積立設定がある方は
それを解除しないで下さい。

上がった時も下がった時も、淡々と積み立てる事をドルコスト平均法と
言います。

これは「私たちは相場を読めない」という事を認めざるを得ないからです。

騰がったからと言って、積立設定を解除すると、元金が増えませんし、
逆に下がったからと言って、怖くなって積立を止めたら、
「安い時に口数を増やす」事ができなくなりますから
積立設定を触らずに、コツコツと同額を積み立てていくという事です。

そして10年、20年後(もっと長期でもOK)に
大きな果実を手に入れられるでしょう、という投資方法です。

積立投資は、数年で手放すようなものではありませんし、してはいけません。

20年間ホールドする「つみたてNISA」が良い見本ですが、
時間を味方にして、長い年月をかけて資産形成を目指すものです。


まとめ


トランプ大統領が非常事態宣言をしました。
コロナ問題が落ち着くまで、数か月ないしは数年かかるかもしれません。

つまり、今は相場の先行きが読めません。

個別銘柄は、おしなべてお安くなっていますから、一見「買い場」に見えますが
底割れリスクだけでなく、当該企業が倒産する可能性もありますので
個別株への投資は、私には判断できかねます。
優待狙いの1株買い等なら、いいかもしれませんね(私も買う予定です)

つみたてNISAを始めとする、投信積立は、今、決して売ってはいけません。
積立設定の解除もしない事です。

尚、平均取得価額を下げる為、積立投資以外に、スポット買いをすべきか?
ですが、今の状況ではさらに下落する可能性もある為、なんとも言えません。

ただ、この間まで、14000円台だったものが10000円台で買えるのですから、
平均取得価額を下げる事には貢献します。

もっと下がった時に「買うんじゃなかった」と後悔しない自信があるなら、
買ってもいいでしょう。
(基本的には、スポット買いについては、誰も正解を言えない筈ですから
自分で判断するしかないです)

淡々と積立の継続をしましょう、とだけお伝えしておきます。


投資の良書案内


つみたてNISAの勉強3.png


下げ相場の時に、積立設定を解除したり、最悪の場合、投信を狼狽売りして
しまう方が一定数いらっしゃいます。
特に始めたばかりの方は、怖くて仕方ないかもしれませんね。

それを補うには、本当に、勉強するしかないのです。
今まで投資について、何の勉強もしていない上、何の経験もないわけですから。
殆どの人は知識と経験の両方が不足しています。

複数の本を読んで、それらの本で共通に語られている事、
それを本当に理解できた時、投信の狼狽売りの誘惑から逃れられるでしょう。



Kindle(電子書籍)の方が安いです、最新の価格はリンク先でご確認下さい。

※この本のオススメポイント※
Q&A形式で、易しい本です。
著者は楽天証券に記事を寄稿されたりしている、積立投資の達人です。

※株式数比例配分方式で受け取るとか、
つみたてNISAで商品の途中変更はできるのかとか
金融機関を変更する事はできるのかとか、
実に細やかかつ、大変重要な事が列記されています。

わからない事に殆どが掲載されている筈です。
是非お手元に置いて、ご参考になさってください。
最近の記事

    ※3か月以上更新がない場合、外させて頂きます。
    ブログを再開後、ご連絡下さい。

    過去ログ
    2021年09月(5)
    2021年08月(20)
    2021年07月(9)
    2021年06月(11)
    2021年05月(15)
    2021年04月(6)
    2021年03月(10)
    2021年02月(7)
    2021年01月(11)
    2020年12月(6)
    2020年11月(4)
    2020年10月(17)
    2020年09月(4)
    2020年08月(2)
    2020年07月(7)
    2020年06月(14)
    2020年05月(17)
    2020年04月(11)
    2020年03月(8)
    2020年02月(6)
    2020年01月(7)
    2019年12月(7)
    2019年11月(13)
    2019年10月(8)
    2019年09月(5)
    2019年08月(1)
    2019年07月(3)
    2019年06月(6)
    2019年05月(16)
    2019年04月(2)
    2019年03月(16)
    2019年02月(15)
    2019年01月(11)
    2018年12月(8)
    2018年11月(19)
    2018年10月(8)
    2018年09月(4)
    2018年08月(2)
    2018年07月(15)
    2018年06月(10)
    2018年05月(10)
    2018年04月(4)
    2018年03月(8)
    2018年02月(8)
    2018年01月(7)
    2017年12月(20)
    2017年11月(21)
    2017年10月(18)
    2017年09月(18)
    2017年08月(7)
    2017年07月(10)
    2017年06月(16)
    2017年05月(20)
    2017年04月(13)
    2017年03月(11)
    2017年02月(33)
    2017年01月(17)
    2016年12月(8)
    2016年11月(14)
    2016年10月(13)
    2016年09月(15)
    2016年08月(19)
    2016年07月(14)
    2016年06月(17)
    2016年05月(9)
    2016年04月(15)
    2016年03月(22)
    2016年02月(23)
    2016年01月(18)
    2015年12月(15)
    2015年11月(13)
    2015年10月(29)
    2015年09月(40)
    2015年08月(14)
    2015年07月(16)
    2015年06月(17)
    2015年05月(14)
    2015年04月(22)
    2015年03月(25)
    2015年02月(18)
    2015年01月(8)
    2014年12月(18)
    2014年11月(16)
    2014年10月(24)
    2014年09月(23)
    2014年08月(16)
    2014年07月(6)
    2014年06月(17)
    2014年05月(8)
    2014年04月(16)
    2014年03月(11)
    2014年02月(11)
    2014年01月(7)
    2013年12月(10)
    2013年11月(5)
    2013年10月(9)
    2013年09月(5)
    2013年08月(15)
    2013年07月(6)
    2013年06月(10)
    株取引用語
    ★ ネットショッピングで得するサイト ★

    ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン★ポイントタウンの説明★
    ポイントタウンは、2021年大注目の安心の老舗ポイントサイト!ゲーム・お買い物・カード発行で最高還元連発。


    ポイントインカム ★ポイントインカムの説明★
    高還元+ボーナスポイント等オマケがいっぱいの超人気サイト!キャンペーン多数!当ブログから登録で最大350円貰える

    ★ 改善続き、太っ腹お小遣いサイト ★

    その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス★ハピタスの説明★
    ハピタスが一番稼げます!登録しなきゃ損なレベル!超高還元で初心者さんも利用しやすい。7日以内の広告利用で400P!


    サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ★ちょびリッチの説明★
    ちょびリッチは、ユーザー目線が嬉しい!無料ゲーム・ショッピングで貯まるポイントサイト

    Copyright © Amazonギフト券・Tポイントを貯める方法 All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます