■ 確定申告&お金の勉強のカテゴリ記事一覧

Yahoo!ショッピングのアプリ、楽天、Amazonでポイントサイトを経由して、自己アフィリエイトする方法やネットショッピングで得する裏技を完全公開

  • ホーム
  • »
  • ■ 確定申告&お金の勉強

カテゴリ:■ 確定申告&お金の勉強

節税と確定申告について、真剣に学びたい方へ

節税というのは、秋から年末に掛けて行うものらしい


今年は相当稼がないといけない一年となりました。
それもこれも私が、男前過ぎるからです。

普通、節税というのは、秋から年末に掛けて行うものらしいです。
その年の売上の見通しが立つと、おのずと支払わないといけない税金も予想が
つきますから、そこで対策を取るわけですね。

でも私は「今年は頑張ろう…」と心に誓うために、
1月に、とんでもない額の社会保険料を、支払いました。


独身税?


「こ、これは…独身税か? 主婦なら払わなくていいんだなぁ」
…と思いつつ、7桁のお金を支払った後、
今年、まだ支払わないといけない社会保険料と国民健康保険料の事を思い出し、
計算間違いに気づきましたね。

「どう考えても、払い過ぎたんじゃなかろうか」と、一括払いを後悔しました。
その後、
「いや、でも、間違って、使ってしまう危険があるから、支払って良かったのだ」
と無理矢理、自分を納得させましたけど(笑)

※昔、パラサイトシングルの時代という本に独身税の話が出ていました。
その後、シングルの実態が、そんな能天気なものではないと、
山田先生の見解は変わったみたいですが…^^;


節税ブログに興味津々…


自分の「男前加減」に気付いたのは、
やはり色んな方が、年末ぎりぎりになって
「セイフティ共済が落ちて良かった」とか「小規模企業共済を一括払いした」とか
書いていらっしゃるのを読んだからです。

お正月あけて早々に、節税した私は、とても女子の所業とは思えない…。。

読者様には、今年もポイントを貯める方法をお伝えしていきたいと思いますが、
私個人的には、現金がないと6月の支払いができないので、
せっせと現金に換金しています。


(ちなみに、国民年金は月払いにしました。…危うく2年前納しちゃいそうに
なりましたけど、
今年、これ以上節税しても、何の意味もないので、踏みとどまって良かったです(笑))


自分が役に立っている感覚が欲しい…


私は、去年、家族の社会保険料を支払いました。
家族は喜んでくれました。
6桁のお金が浮いたのですから、喜びますよね。
貸したのではなく、完全に、あげましたから。

まだ追納できる社会保険料があるので、多分私が支払う事になるでしょう。

「他にはもうないの?」とせがんで?みたのですが、
会社の社会保険料に加入している為、「もうない」と言われました。。

私自身、体が弱い事もあって、
何か、家にいて、自分が役に立っている感がないんですよね…。
病院に行く時も、親に付き添うどころか、いつも付き添って貰っていたり。


「いるだけで可愛い」ペットが羨ましい…(笑)

せめて、何でもいいから家族の支払いを私が肩代わりして
ついでに「節税」できれば…(結局、そこですか笑)と思うわけです。


仕事の事にしか、お金を使っていない…


今のパターンでは、
という感じですね。

貯金ができないとは言え、共済は積み立てなので、
寧ろ、このパターンの方が、結果的に無駄使いも減りました。

自分で税金や社会保険料を納めるようになった事で、
お金の事を、真剣に考える事ができ、良い財産になったと思います。


それに、私がお金を使うものは、殆ど経費に計上できますから、
別に節約しているわけでもありません。
…と言うか、私、仕事の事にしか、お金を使っていない…どんだけ仕事が好きなんだ。 


個人事業主の支払い負担は、とんでもないです…^^;


ただ、これだけ節税対策ができるのも、親元にいるからです。
一人暮らしをしているブロガーさんは、心の底から尊敬します。

かなり稼げるようにならないと、
中途半端な稼ぎの時の、個人事業主の支払い負担は、とんでもないです…^^;


それにしても、
主婦なら支払わなくてよい社会保険料が毎年50万位取られますが、
家事労働の見返りという事かな…と思っていたら。

自営業の奥様は、同じ主婦でも、この額を負担しているんですね!

不公平さに、驚きますが、
主婦ブロガーと言えども、事業主なので、ある程度稼いでいる人は、
自営業の奥様と同じ事になるのか…と妙に納得。


私なんて、税金に興味を持ちすぎ、このところずっと簿記の勉強をしていました^^;
税務署に、所得税0なら、市税に行けと言われたのに、確定申告してしまった事も(笑)
数年後、税理士になっていたら、笑ってしまいますね。


アフィリエイトに強い税理士が書いた確定申告・節税マニュアル


私は、税理士さんに質問できるというマニュアルを購入しました。

通常版は9,800円で、マニュアルのみですが、
上位版12,800円で、サポートフォーラム(税理士に相談)参加権が付きます。

私は勿論、上位版です。
どうせ、経費で落とせますしね^^(新聞図書費)

● 通常盤は、マニュアルのみですが、Q&A集はとても役に立ちます。

● 節税対策も、まとまっています。
多分、節税方法を何も知らない方は、貴重な情報だと思います。

ネットビジネス税金対策ストラテジー『NTS』|アフィリエイトに特化した現役税理士Kが教える確定申告・節税マニュアル


出金伝票による経費の落とし方と節税について

公共交通機関利用時は、出金伝票で経費計上しよう


初めて、自分宛ての領収書を書いて貰った時は、何だか誇らしい気分でした。
今思うと、あんな少額、レシートで十分だったんですけどね笑

経費を使うのって、意外と難しいものです。
さすがに、新聞図書費や文房具代くらいはわかります。

でも、それを買いに行った時の交通費の落とし方、
「自分で出金伝票を作成して、どの路線でいくら掛かったかを記載」して
旅費交通費で計上する、など具体的な方法がわからなかったりします。

普通は、出金伝票って何?状態ですからね…。
→ 「 出金伝票 」は、大きな文房具店、もしくはネットショップで簡単に購入できます。

領収書を貰えない交通費、例えば、公共交通機関を利用した時は、
出金伝票が活躍するので、
一冊あると、経費だけでなく、医療費控除にも使えて、重宝します。


経費計上について、勉強したい


私はおそらく、周囲のお友達より、経費が多い方だと思います。

それは元々、
サーバーやドメイン代だけでなく、有料テンプレートや、Adobeのような高額ソフト、
ハイスペックなPC、有料メルマガ、ロボフォームや超ホーダイなどの毎年更新型のソフトを
投資だと思って、自費で購入してきたからです。

今はnoteも購読しています。

何度か紹介しましたけれど、税理士さんに相談できる商材
ネットビジネス税金対策ストラテジー『NTS』|アフィリエイトに特化した現役税理士Kが教える確定申告・節税マニュアル
も、発売直後に購入し、
検索時間が不要になった事で、すぐに元が取れました。


今の私は、「課税所得195万以下」です。
※「課税所得」とは、「売上」ではなく「控除後の所得」ですから、
社会保険料控除や小規模企業共済控除など、いくつかの控除を使っただけで、
普通のアフィリエイターの税額は、限りなく0に近くなります。

とは言え、
今のうちに、経費も上手く計上できるようになりたいと思っています。



経費の考え方


「あらゆる領収書は経費で落とせる」とは言っても、当然「社会通念上」
という壁があるそうです。

そんな事、言われなくても、「課税所得」が少ない私が危ない橋を渡る必要は
一切ないわけですが、
共済などを支払えない時(控除を使えない時)に、あわてる事になりますからね。



この本で言いたい事は「公私混同」
つまり、全ての事に、事業を絡ませろという点に尽きます。

家具や携帯はわかっても、旅費や交際費の落とし方は、思いつきもしなかったですね。

旅費は今の私にはちょっと関係ないのですが、
交際費は、非常に身近で、かかって当然の話でしたね。
危うく、見落としてしまうところでした^^;

何もかもチンプンカンプンだったので、
この一冊のおかげで、すごく勉強になりました。



専従者控除…!!


そうそう。何かこの言葉聞いた事があるのですが、何の事か
わかっていませんでした。 
そもそも青色申告の方だけだと思っていましたし。

白色申告でも使える控除をもう一つ、知れただけでも、
この本を買ってよかったです。


共済(控除だけでなく、もう一つは経費にできるもの)や
年金などの節税方法も、バッチリ紹介されていました。

確定拠出型年金について、触れられていなかったので、
それは、別の書籍で勉強しようと思います。


青色申告と、申告相談会場での確定申告の丸投げはオススメしないらしい


青色申告については、まだ所得が少ない間は、労力ばかり奪われるから
オススメしない…という事でした。

白色申告の場合は、とりあえず、一年間の売上さえ、もらさずに申告すれば
いくら記帳義務や帳簿保存義務があると言っても、やはり作業は簡単です。

相談室と言うか、直接税務署へ電話した事はありますが…、
確定申告時は増員されているのか、すぐに繋がります。
些細な話も聞いて下さいますし、説明もきちんとして下さいます。

この本で書かれていた注意点としては、
申告相談会場で確定申告を丸投げするのはよくない、という事でした。


売上は正確に。無申告者はどうすればいい?


この本の「核」は、「それ経費に計上できますよ」と指南してくれる事であって、
脱税ではありません。

従って、売上を過小申告するのではなく、売上は全て申告したうえで、
しっかり経費を落とせ、という話に尽きます。


データはあるのに、自分の都合で無申告状態になっているだけの人は、
国税庁のHPから過去の確定申告が作れますので、それを淡々とやるだけでOKなんです。
家のPCで出来るのですから、簡単な話です。

● この書籍で取り上げられていた事例で、ちょっと意外なところでは、
売上もはっきりしない、領収書も何も残っていない、今更申告できないよ~!
と、何年も無申告状態になっている人の救済です。

こういう人は、徹底的に遡って、税務調査をされて、大変な目に遭う!…かと言うと、
案外そうでもなく、
P155~P164あたりに「概算での確定申告」のススメが載っていました。

● どんなケースであれ、自ら申告した場合、税務署は助けてくれるんだな…
こんな事できるんだ!…と驚きましたね。


心あたりがある方は、悩んでいないで、税務署に相談した方がいいですよ。


まとめ:税務署員だけのヒミツの節税術


あらゆる領収書は経費で落とせる【確定申告編】です。

● 経費の考え方の勉強に最適だと思います。  
→ 税務署員だけのヒミツの節税術
値段もお手頃で、新書サイズで読みやすいですよ。


ポイントタウン経由で楽天市場を利用する方法


● 書籍だけでなく、日用品も買えます、100円から現金に換金できておトクです。

  1. ポイントタウンに会員登録 → 末尾のバナーへ
  2. ポイントタウンにログインした状態で、楽天市場 で検索
  3. バナーをクリックして「サイトへいく」をクリック
  4. 楽天市場TOPページへ自動的に移動しますので「税務署員だけのヒミツの節税術 」で検索して購入して下さい。


● ポイントタウン会員のみの特典ですので、必ず、ログインした状態で購入して下さい。
● 一度決済後、続けて購入する際は再度、3のバナーを経由して下さい。

まだポイントタウンに登録していない方は…


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

こちらから登録できます。 → 図解:ポイントタウンの登録方法


参考記事


アフィリエイターが入れる、小規模企業共済について

小規模企業共済について


個人事業主は入れます(税務署に開業届提出は必須)
申込時に「確定申告の控え」が必要です。
(開業1年未満で確定申告を迎えていない場合は、開業届の控えでも良い)

ネットでは受け付けていない為、
銀行の窓口などで、申込書と、確定申告の控えを提示して
口座振替の手続きをします。

  • 廃業の際の、個人事業主の「退職金」の役割です。
  • 老齢給付(年金)として受け取る事も可能。
  • 廃業せず、事業を続けながら、老齢給付として受け取る事も可能
  • 1000円から掛けられ、500円単位で増額・減額可能です。
  • 掛金は最高月7万円*12回(84万円)です。←私は最高額にしました。
  • 全額、小規模企業共済等控除対象なので節税できます。
  • 小規模共済は、長く掛ける程、お得な制度(退職所得控除額が増える)なので、
    個人事業主になったら、真っ先に加入すべきです。

リアルリッチなお友達に、節税したいなら、真っ先に入れと言われたのですが
「知ってる」と答えたら、驚かれました^^;


運用は1%程度、但し全額控除対象の為、節税効果抜群


運用は1%程度ですから、見かけ上の利回りとしては、高くありません。
(単なる投資なら、3%運用が欲しいところです)
でも、
支払った掛金が、毎年、全額控除対象の為、節税効果を足すと、驚きの金利に…。

→ 掛金ごとの節税額
   ↑
左に載ってる金額は、「収入」ではなく「課税所得」(控除後の所得)ですよ!

基礎控除は38万から48万円に増額される見通し(2020年頃…)ですが、
会社員の給与所得控除に比べると、個人事業主は控除が少ないのです。。

したがって、節税と貯蓄(最終的には年金か、退職金として受取ます)
の両方を兼ね備えた小規模共済は、強い味方です。


※「課税所得」 → 1/1から12/31までの「収入」から、
基礎控除・小規模企業共済等控除・社会保険料控除・寄附金控除・
医療費控除・生命保険控除…などなど、全てを控除した後の「所得」のこと
※但し、住民税の基礎控除は33万円


小規模共済の受け取り方法


共済金A、共済金B、準共済金、解約手当金によって変わります。
→ 共済金の受取り方法

● 共済金A:廃業した時の退職金 → 受取時、退職所得控除で40万*掛けた年数が非課税
→ 21年以上は、800万円+(勤続年数-20年)×70万円で、さらに非課税額が増えます

● 共済金B:(残高300万円以上):廃業しなくても年金でも貰える
→ 「満65歳以上であり、掛金を15年以上(※)払い込んでいる方であれば、
 事業を続けながら老齢給付として共済金を受け取ることもできます」

● 共済金AとBの併用:(残高330万円以上)「一括受取りと分割受取りの併用」が可能

● 準共済金:事業譲渡

● 解約手当金:任意解約・12か月以上延滞

※老齢以外の理由、例えば、就職した場合「廃業届」を出せば「共済金A」です。
 

「解約」以外の理由で受け取ろう


小規模共済は「20年以上、払わないと、元本割れする」と勘違いされますが、
それは「解約手当金」に該当する場合です。 

20年未満でも、廃業なら共済金Aですから、解約以外の方法を探れば済む話です。

● 例えば、掛金は、毎月1000円まで減額できますし、
事業が苦しい時でも、解約はせず、掛金を減らせばいいのです。

● 入院・所得がないなどの時は「 掛止めの届け出 」も可能です。
※1000円でも支払えるなら、掛け止めより、減額が最適です。

先ほど、就職した場合、「廃業届で共済金Aになる」と書きましたが、
また退職して開業した場合にも、小規模企業共済には再度加入できます。
(共済では、「開業届」と「廃業届」で判断しているそうです)

受取方法は、その人の状況次第で、共済金AかB、
多額を積み立てた場合は、一括と分割の併用が、税法上、最もお得になると思います。

廃業しなければ、ずっと払い続ける事もできます(笑)
もし受け取る前に死亡しても、相続財産として親族に残せます。…良かった^^;
→ 共済金を請求する権利(受給権)の順位


まとめ:節税を兼ねられる小規模企業共済は魅力的です。


結局、積み立て方式でないと、貯金は難しいと思うので、
節税を兼ねられる小規模企業共済は魅力的です。

● 他にも節税方法が沢山あります。わかりやすい書籍を発見! 
→ ネットで稼ぐ人の確定申告

Q&Aと対話形式で、グラフや表などもあり、わかりやすかったです。


ポイントタウン経由で楽天市場を利用する方法


  1. ポイントタウンに会員登録 → 末尾のバナーへ
  2. ポイントタウンにログインした状態で、楽天市場 で検索
  3. バナーをクリックして「サイトへいく」をクリック
  4. 楽天市場TOPページへ自動的に移動しますので「ネットで稼ぐ人の確定申告」で検索して購入して下さい。


● ポイントタウン会員のみの特典ですので、必ず、ログインした状態で購入して下さい。
● 一度決済後、続けて購入する際は再度、3のバナーを経由して下さい。


まだポイントタウンに登録していない方は…


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

こちらから登録できます。 → 図解:ポイントタウンの登録方法


参考記事


老後貧乏対策:国民年金・付加保険・追納・任意加入・受給の繰下げ

年金ヲタになってしまいました。


私は、死ぬ前の日まで、働いている気がするんです。

だから「年金より自分で稼いだ方が早い」と思っていたのですが、
確定申告をするようになって、節税に興味がわきました。

社会保険料控除は100%認められる上に、最も簡単だとわかりました。
気が付けば、結構な年金ヲタですね(笑)

わかる範囲で書いてみます。参考になりましたら幸いです。


社会保険料控除は最強の節税方法


  1. 国民年金 → 2年前納すれば1か月分くらい割引。
  2. 国民年金付加保険料 → たった400円支払うだけで2年で元が取れます。
  3. 年金追納 → 学生時代・フリーター・独身時代などの理由で支払っていない分
  4. 任意加入制度 → 60歳から65歳まで、年金増額を目指せる
  5. 年金受給の繰上げ・繰下げ → 少ない額を早くから貰うか、後で沢山貰うか

             +
● 小規模共済 → 個人事業主は、最大で月7万円*12回
● 確定拠出型年金 → 対象者のみ・国民年金第一号の場合、最大月68000円*12回
● 国民年金基金 → 確定拠出年金と合算で月68000*12回まで
● 国民健康保険 → 去年の収入-経費

今回は、5つ目までを記事に記載します。


1.国民年金について


● 国民年金は毎月納付する方法以外に、保険料が割引になる「前納制度」があります。
2年前納、1年前納、半年前納、早割(当月末)です。

当然、2年前納が一番安く、一か月分くらい割り引かれます。
但し「今年、赤字かも」…という年ではなく、
黒字確実な年に払うと、社会保険料控除をフルに使えてお得です。
(尚、前納制度利用は、2月末までに、手続きの必要があります、半年前納なら間に合います)

→ 国民年金前納割引制度

● 早割というのは、本来年金は翌月末払いなので、4月分が5月末に引き落としされるのですが
  早割は当月末(4月は4月月末)支払いにするだけで、年間600円お得です。


2.国民年金の付加保険料について


● 付加保険料は、国民年金を支払っている方だけが加入できます。
● 毎月わずか400円追加するだけで、2年で元が取れる、超お得な制度です。

● 付加保険料だけを支払う事はできません。
● 国民年金基金に加入している方は加入できません。

※恐らく国民年金に加入したいと言っただけで、付加保険料を払うと得だと
 説明があると思いますが、なかった場合、自分から払いたいと言って下さい。
 こんなに簡単に加入できてお得なものはないので、絶対オススメです。

→ 付加保険料について


3.年金追納について


● 学生時代、年金を支払っていない方は多いのでは?
せっかくブログで稼いだのですから、この分だけでも支払った方がいいですよ。
→ 学生納付特例制度

● 社会に出てからも、会社の社会保険に入れない時期があった方(アルバイトなど)
転職活動中に、免除申請をして免除して貰った人など、
よく考えたら、満額支払えていない方って、結構多い筈です。

特に女性の受給金額は低いです(平均で月5万円です)
老後、働けなくなってからの、受給額、数万~数千円の差は大きいですよ。
→ 年金追納について


4.年金の任意加入制度について


ちなみに、国民年金の、追納期間を過ぎてしまっている方は
60歳から65歳までは「任意加入制度」で国民年金を支払う事ができます。

25年支払っていない人が対象と思われがちですが、
満額(40年間)貰う為でも、加入できるのです!

でも60代では収入が落ちている場合もありますし、今、年金保険料にお金を回せる人は
余裕があるうちに追納の方がいいでしょうね。 

とりあえず、60歳以降でも、支払えるという事だけ覚えておいて下さい。
→ 任意加入制度について


5.年金受給の繰上げ・繰下げ


年金の受給繰上げとは、
65歳より早めに受け取りたいという申請です。

早めに貰う分、減額幅が半端じゃないです。
病気など、どうしようもない事情がある場合を除き、おすすめできません。

逆に、65歳より、遅めに受け取る事を「繰下げ」と言います。

たった67000円しかないと思っていた、国民年金ですが、
70歳まで、受給を繰り下げしたら142%…つまり、95140円…!!

→ 年金を繰上げした場合・繰下げ請求と増額率

これに厚生年金とか、厚生年金基金(←3階建部分)
確定拠出年金とか、小規模共済とか、色々足せるのです…。


まとめ:老後貧乏にならないためのお金の法則


仕事を辞めるという事は、継続収入を失うという事です。
つまり、老後リスクを回避する、最善の対策は「働く事」です。

60歳や65歳を「老後」と呼ぶのは早すぎると思います。
短時間でもいいので、頑張って、70歳くらいまでは働きましょう!

心配しなくても、殆どの人は、自分が思っている以上に長生きします。
寧ろ、長生きし過ぎるから、貯金が枯渇しないか、不安なわけで。

まぁ私は、いくら年金貰っても、働いていそうな自分が怖いですけど…(笑)

● 最近は、節税の勉強をしながら、年金増額について書かれた、書籍も増えました。 
→  老後貧乏にならないためのお金の法則


対話形式になっていて、グラフや表などもあり、わかりやすかったです。


ポイントタウン経由で楽天市場を利用する方法


  1. ポイントタウンに会員登録 → 末尾のバナーへ
  2. ポイントタウンにログインした状態で、楽天市場 で検索
  3. バナーをクリックして「サイトへいく」をクリック
  4. 楽天市場TOPページへ自動的に移動しますので「老後貧乏にならないためのお金の法則」で検索して購入して下さい。


● ポイントタウン会員のみの特典ですので、必ず、ログインした状態で購入して下さい。
● 一度決済後、続けて購入する際は再度、3のバナーを経由して下さい。


まだポイントタウンに登録していない方は…


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

こちらから登録で500P貰えます。 → 図解:ポイントタウンの登録方法


参考記事


白色申告は発生主義。科目は売上で。売掛金は使わなくて良い。

白色申告は発生主義です


声を大にして言いたい。
白色申告は発生主義です。

ポイントサイトのランキングで、いつも1位を取っている有名なブロガーさんが
「白色は現金主義」
と書いていらっしゃいますが、間違いです。
 ↑
私はこの方を尊敬していますが、あの記事はいけません…。
多くのブロガーが、絶対に勘違いしている筈…。

発生主義について、お友達も税務署で何回も言われたらしいですが、
私自身も、税務署で確認しましたが、白色は発生主義です。



発生主義って何?


発生主義とは、ASPが報酬が確定した時です。
ポイントサイトでは、現金やギフト券に換金申請した日です。

● 例えば入金が早い、ポイントタウンでは換金申請した日が
2月14日で、銀行に入金になった日が2月16日とします。

「2月14日」付けで帳簿に記帳します。

これを「振り込まれた日=現金主義」で仕訳けしてしまうと、
「2月16日」になってしまいますが、間違いです。


● i2iポイントは、入金が遅くて、4月4日に換金申請したのに、
入金は5月20日でした。 これも同じく、4月4日で記帳します。

● ASPは、さらに遅くて、確定日の翌々月に入金されますが、
  銀行振込された日ではなく、確定した日で記帳します。

つまり、白色申告の発生主義では、月が変わろうが、
入金された日は無視して記帳します。(通帳のコピーやPDFは残す必要があります)


科目は売上?売掛金どちら?


● 科目は「売上」です。 単式簿記なので、いたってシンプルです。
● 換金申請した日付で、「売上」で計上して終わりです。
● 入金されたかどうかを記帳しなくていい=「1度の仕訳で終わり」です。


簿記が少しわかる方は、「売掛金じゃないの?」と、迷うと思います。
何故なら、簿記の考え方では
換金申請しただけでは、まだ「掛け」に過ぎず、
先方から支払われて、自分のお金になって初めて、売掛金を回収した事になるからです。

ですから、たとえ一日でも、換金申請と入金されるまでにタイムラグがある場合は
「売掛金」で仕訳けするのではないか?と
お悩みになるかと思いますが、

白色申告では、タイムラグがあっても「売上」で記帳して大丈夫です。
(税務署確認済)



まだ振り込まれていないのに、計上しないといけない


年末の処理は、注意が必要です。
例えば、
バリューコマースの11月分報酬は、翌年の1月に振り込まれます。
12月分報酬は、翌年の2月に振り込まれます。

でもこの1月や2月に振り込まれた分も、
12月分までの収入として、申告しなければいけないのです!


ここで現金主義(振り込まれた日を基準)で記帳していると、
面倒な事(期ズレ)が起こります。

発生主義で記帳していれば、ASPの未入金分を翌年の収入と勘違いする事も
なくなります。


期ズレが発生したら?


もう一度、言います。白色申告は、発生主義です。

間違って、現金主義で収入を計算してしまうと、最大で2か月分ずれてしまいます。
この年末2か月の間に、ASPの報酬が確定してしまう事もあります。

その2か月に確定した金額のせいで、所得税の税率が変わるほど差が出る場合は、
修正申告になる可能性が高いです。

但し、金額がほんの僅かな場合、税務署に相談して下さい。
翌年から発生主義でよい、と言われるかもしれません。
 ↑
ミスした時、どちらになるかは税務署の判断する事で、自己判断はおすすめできません。


アフィリエイトに強い税理士が書いた確定申告・節税マニュアル


私は、もう、検索して、古い情報に振り回されるのが嫌で、
今年は「アフィリエイトに強い税理士さんのマニュアル」を購入しました。

このマニュアルの最大の魅力は、
上位版のみの特典ですが、「税理士に相談できる」という点です。


通常版は9,800円で、マニュアルのみですが、
上位版12,800円で、サポートフォーラム(税理士に相談)参加権が付きます。

私は、勿論、上位版を購入しました。
どうせ、経費で落とせますしね(新聞図書費)

● 通常盤は、マニュアルのみですが、Q&A集はとても役に立ちます。

● 節税対策も、まとまっています。
多分、節税方法を何も知らない方は、貴重な情報だと思います。

● 特に今年から青色で記帳しようと思っている方は、
白色のようなわけにはいかないでしょうから、質問できると、心強いと思います。

● 今年、あるいは来年の確定申告が必要な方で、購入をご検討の方は
下記をご覧になって下さい。

ネットビジネス税金対策ストラテジー『NTS』|アフィリエイトに特化した現役税理士Kが教える確定申告・節税マニュアル



確定申告で金額確認がわかりにくかったASP:随時追記

リンクシェアについて


ログイン → ヘルプ → 報酬 → 支払い明細はどこで確認できますか? で検索
※毎月19日頃に報酬金額の明細とお振込み確定金額をメールでお送りしております。
そのメールで明細をご確認頂けます。

もしくは、
税務上、お振込み金額の明細が必要な方要に「年次明細のお申し込み」の
リンクが貼られています。
※10営業日ほど掛かる
※年次明細は翌年1月より発行可能


アクセストレードについて


アクセストレードの報酬支払履歴の確認方法
ログインした状態で、
→ 報酬支払履歴
をチェック。

※振込名は、カ)インタースペース


Amazonアソシエイトについて


● 上部の紹介料レポートをクリックして、
支払い履歴の確認
をクリックで、詳細な履歴が出る。

※振込名は、アマゾンジヤパン(カ
※振込手数料300円が引かれているので、支払い手数料に計上の事。

ex.アソシエイト売上が10000円の時、振り込まれるのは、9700円。
仕訳は、売上が10,000円 支払い手数料が300円

※追記※
2017年10月3日より、手数料の300円が無料になりました!


えーと。
Amazonは、12月分入金を待たずに申告しているので、
毎年揃えておきます。
2016年12月1日で計上、入金は2016年12月29日でした。
毎年、10月報酬確定分まで(12月初日に出てる数字)


インフォトップについて


※住所変更や銀行口座変更などは郵送のみで受付。

※振込名は、カ)ファーストペンギン

※アフィリエイターログイン。
売上管理 → 左側の「支払い明細」 → 振込のあった月を指定して「集計」
→ 御支払い明細書 → 印刷用ページを開く  
     ↑
振込手数料が、756円引かれるので、支払い手数料に計上の事。
仕訳はAmazonと同じ。
つまり、手数料が掛かる所では、銀行口座の数字をそのまま売上に記載せず、
手数料分756円上乗せした分が売上で、その分、経費で手数料分を引く事。


発生主義で


現金主義の届け出をしていない限り、発生主義となります。
たとえ振込が翌年2月頃になっても、
12月末日までに成果が発生したASP収入は、今年の売上とします。


国税のHPで見るべき場所


http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2015/pdf/40.pdf

https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2015/pdf/44.pdf

● 帳簿テンプレート
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kojin_jigyo/choboyoshiki_jigyosha.pdf


時々、詳細な情報に書き換えています。

アフィリエイトに強い税理士が書いた確定申告・節税マニュアル購入しました

最終的にどこからお金を受け取った事になるのか


時々、記載に迷う事があります。
迷うから検索するのですが、いくらチェックしても出てこない…。

様々なポイントサイトから、ドットマネーに換金したらボーナスポイントが貰える!
という記事を見掛けますが、
ドットマネーに貯めているだけなら課税されるわけでもないので、いいのです。

でもいずれ、そのドットマネーから、銀行振込をしますよね?
さてその金額は
「最終的にどこからお金を貰った事になるのでしょうか?」
 ↑
誰も、この事で悩まないの?という程、答えが見つかりません。
(ドットマネー自体、去年できたばかりなのもありますが)

当初ドットマネーが出来た時、大幅増量キャンペーンがありましたが、
あの時、すぐに飛びつかなかったのは、
確定申告の時、わからなくて発狂しそうになると思ったからです^^;


白色申告でも正解に悩みます…


では、上記の話を税務署に問い合わせても、
余程上手く説明できないと、話がかみ合わないと思いますよ。
普通に難しいですもの…。

青色申告と言うと、きちんとした記帳(複式簿記)が難しいから大変
と思われるでしょうが、
私は、それ以前に、上のようなポイント移動をさせると、
白色申告でも、
何が正解か悩む羽目になり、検索の時間ばかり掛かると思います。

こんなに調べるのに時間を無駄にする位なら、経由せずに直接、銀行振込が賢明です。
(振込手数料が掛かっても、経費で落ちます)

※サラリーマン・OLの方で、副業の収入が20万円、
専業主婦・無職の方は38万円までの方は
そんな事、考えなくていいので、一番お得な方法で換金して下さい。


アフィリエイトに強い税理士が書いた確定申告・節税マニュアル


とうとう最終的に、アフィリエイトに詳しい税理士さんのマニュアルを
購入してしまいました。

青色申告マニュアルがついているので、私のような白色申告の人間に
必要なのか?と思いましたが、

購入の決め手は、上位版を購入すると、
現役の税理士さんに1年間、質問権がある、と知ったからです。

サポートフォーラムをのぞくと、早速、
先ほどの、ドットマネーと同じ質問が、ビットコインの例として、出ていました。

何と即、解決…。
今までの検索時間は何だったんだろう。。
サポートフォーラムは上位版の会員専用で、転載不可なので内容は書けませんが。


購入を検討している方は…


通常版は9,800円で、マニュアルのみで
私は、サポートフォーラム参加権(税理士に相談できる)付きの、上位版、12,800円
を購入しました。

● 通常盤は、マニュアルのみですが、Q&A集はとても役に立ちます。

● 節税対策も、まとまっています。
多分、節税方法を何も知らない方は、貴重な情報だと思います。

● 特に今年から青色で記帳しようと思っている方は、
白色のようなわけにはいかないでしょうから、質問できると、心強いと思います。

● 今年、あるいは来年の確定申告が必要な方で、購入をご検討の方は
下記をご覧になって下さい。

ネットビジネス税金対策ストラテジー『NTS』|アフィリエイトに特化した現役税理士Kが教える確定申告・節税マニュアル




お金の勉強

お金の勉強中です。


  1. 少額からできる積み立て投資
  2. 確定拠出型年金
  3. 小規模企業共済
  4. 節税
  5. 確定申告

など、勉強中です。

特に、1~3は、皆さんに是非お伝えしたいです。


1. 積み立て投資


1.の、積み立て投資は、数十年単位で行います。
ほんの数千円でできます。

本は購入したものの、まだ記事にできる程ではないので、
少しお時間を下さい。

2. 確定拠出年金


2.の、確定拠出年金なら、1.の積み立て投資と同じ事が、税金優遇でできます。
但し「年金」なので、老後まで引き出せないという、デメリットがあります。

単純な利回りだけでなく、節税を考えると、断然、2が有利ではあります。


3. 小規模企業共済


3.は、
アフィリエイターが入れる、小規模企業共済について
を、ご参照下さい。


4. 節税


4.の節税は、少しずつ、記事を増やしています。
関連記事をご覧下さい。


5. 確定申告


5.の、確定申告は、まだ白色申告です。
青色申告はまだ不要というか、私のブログ収入では、
社会保険料と、小規模企業共済+アルファで、十分なレベルです。

今年は青色は間に合いませんが、
来年も、多額の社会保険料の支払いをするので
社会保険料控除と、基礎控除だけで十分すぎる位で、白色で充分なのです。

要は、もう少し、売上を出さないと、当面、節税どころか、
社会保険料で無理し過ぎで、赤字の危機です。
数年に分ける事も考えないと…。

でも社会保険料&小規模企業共済の良いところは、
全額控除対象の上、
結局、私は積み立てのような形でしか、お金を残せないと思うからです。
自動振替で引き落として貰うのが一番です^^;


帳簿付けを楽に。シンプルに。


今は、とにかく、色々シンプルにしている所です。
今まで、複数の銀行に振り込まれていたのを1つにまとめたり、
デビットカードを作って、
経費の引き落としを、振り込まれる銀行から即時決済されるようにしたり、
シンプルにする工夫をしています。

前は、換金ラインを超えたら、すぐに換金していたのですが
帳簿の記帳回数を減らす為に、今は、数か月まとめて換金しています。


頑張ります!!


全然稼げない時も
悲しいですが、税金や国保の事を考えなくていいから、気楽です。
ただ、苦しい分、本当に勉強になっています。

それと、ものすごーーく稼げると、健康保険料が上限になって、
逆進性から逃れられる事も知りました。
今が一番、負担が重いのかも。 一皮むけなければ…。。


ブログ収入を上げる事と同時に、
生きた情報を届けられるように、頑張りますね。
最近の記事

    ※3か月以上更新がない場合、外させて頂きます。
    ブログを再開後、ご連絡下さい。

    過去ログ
    株取引用語
    ★ ネットショッピングで得するサイト ★

    ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン★ポイントタウンの説明★
    ポイントタウンは、2018年大注目の老舗ポイントサイト!ゲーム・お買い物・カード発行で最高還元連発。


    potora・ポトラ ★potora・ポトラの説明★
    iPhoneユーザー必見!iTunes Storeも最高還元。Amazonギフト券とリアルタイム交換できる数少ないサイト

    ★ 改善続き、太っ腹お小遣いサイト ★

    モッピー!お金がたまるポイントサイト★モッピーの説明★
    モッピーは、スマホから登録で全ての恩恵をゲット! スマホとPCの両方で自力でも貯まる。


    サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ★ちょびリッチの説明★
    ちょびリッチは、ユーザー目線が嬉しい!無料ゲーム・ショッピングで貯まるポイントサイト

    Copyright © Amazonギフト券・Tポイントを貯める方法 All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます